冬の稲妻

ブラックベリィ

007★雷鳴でパニック



 雅美は秀人の言葉に、ただ『うん、うん』と言いながら頷くだけであった。

 雅美、可愛いなぁ。
 こんなもんが苦手なのか?
 綺麗なのになぁ…………。

 窓辺の向こうで暗黒の海に斜めに走る光の矢をチラリと見てから、クスッと静かに微笑う。

 秀人は、震える雅美を自分の腕に抱き込む。

 「ほら、雅美」

 「秀人君、ありがと……
  くっすん………キャッ………」

 秀人の腕に抱かれて安心した雅美は、ついしがみついている指に力を入れてしまう。

 「雅美、爪を立てるな」

 さほど痛いとは感じなかったが、秀人は雅美の注意を自分に向ける為に文句を言う。

 「……あ…ごめんね
  痛い? 痛い?」

 雅美は、秀人に言われて指先から力を抜く。
 が、秀人の腕からほんの少し血が流れているのを見て、つい子猫のように傷口を嘗めている。
 それを見て秀人は呆れてしまい、雅美に言葉もかけずに抱き上げた。

 駄目だ、こいつ、カミナリ怖さで、完璧に判断力が消えている。
 お前、判断力、どこにおいて来た。

 …………っと、言っても無駄だな……これじゃあ…はぁー……。

 カミナリの音でパニックを起こしている雅美は、秀人に抱き上げられた事に気付かなかった。

 ただ、無意識の反応として、しつこく自分が付けた小さな傷口を嘗めて、秀人に問い掛ける。

「痛い?」

「冬の稲妻」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く