話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチで異世界!?転生して今度こそ楽しむぜ✧︎え?神様、邪神だったの!?

陽々[はるひ]

第33話

「今日も朝練するのか?」

「うん!父さんも一緒にする?」

「いや、今日はやめとく(汗)」

「じゃあ兄さん行こうか!」

「えっ、父さん助けてぇぇぇぇ」

「(すまん、俺は力になれない…)」


これが毎朝恒例になってしまった







[ハンネスさんの道場]

「わしはお前たちにそれぞれに合った修行をしていく。ギルは魔剣の使い方、エルは魔法が得意だそうだから魔法、ジンは黒剣の使い方じゃな。」

「「「はい!!」」」

「わしは分身できる訳では無いから一人一人教えていく。しかし、わしの修行に耐えれるくらいの体力がないとダメじゃ。」


嫌な予感しかない…。


「これから少なくとも1年間は基礎トレーニングじゃ!(*`∀´*)」


い、い、1年間?!?!?!

「い、1年ですか…?」

「うむ。何か問題でも?」

「い、いえ…」

まじかよまじかよ
俺こんなに楽しみにしてたのに心折れるよ…

前世でお豆腐メンタルだった俺に耐えられるか…?無理だよォ…泣

そして地獄の基礎トレーニングが始まる。







「基礎トレーニングその1。スクワットじゃ。まずは何もなしで30回してみ。」

「「「はい!」」」

ギル兄さんは脳筋なだけあって楽勝そうだな。エル兄さんはもうゼェゼェ言ってる。
俺は朝練ちゃんとしてるから全然余裕だった。



「よし!まあ、これくらいは出来て当然じゃな」

「えー?!ゼェゼェ」

エル兄さん…笑

「では次は水バケツを2つ持って30回じゃ。」

そんな古典的なかんじなのね。笑

「重っ!」

「まだまだじゃぞ。わしが勝手に水魔法で増やしていくからな。」

なるほど、きつい…






ハァッハァッハァッ

なんとかできた…。


「では次。走り込み。ここから王都の外壁まで行き、触ってこい。ずるしたら分かるからな。」

嘘やん。ここから外壁までって片道4キロはあるぞ?往復8キロかよ…5歳だぞ...?

「今日は身体強化を使える分の半分使っていいぞ」

え!やった!それなら楽勝だけど、

「いいんですか?」

「あぁ。それがお前たちの自分の基準とする。後に身体強化を少なくしていく。ただしタイムは変えずにだ。」

「え゛」

「本気で走らなかったらもう1回全員行かせるからな。連帯責任だ。では、よーーーーい、どんっ!!」

うそーーーーー!!!










「うむ、全員なかなか筋が良いぞ。エルはもう少しじゃがな。」

「はい...」

「ちょ、ちょっと休憩にしませんか?」

さすがにぶっ続けはきつい...。

「そうじゃな。よし、休憩」

「(さすが俺の弟だぜ!)」

「(助かったよジンー!)」

「(。•̀ᴗ-)و ̑̑✧(任せて!)」

こんなとこで兄弟の絆が…笑笑



「お昼ご飯が出来ましたよ〜」

「おっ、ありがとうな。ミコ。ちょうど休憩にしたところじゃ。」

「ありがとう!!」

「い、いえ…//」

お?お?ミコさんはギル兄さんにホの字ですか?

俺‪(  ◜௰◝  )‬エル‪(  ◜௰◝  )‬

ギル(*・ω・*)?

「どうしたんだ?ニヤニヤして」

「「いや〜なんでも〜?‪(  ◜௰◝  )‬」」

「???」

気づいてないみたいだな。あんな分かりやすいのに。
活発イケメンで鈍感ってどこの少女漫画だよ






「「「ごちそうさまでした!」」」

「では午後のトレーニングを開始する。食べたばかりで動くのは危険だからまずはストレッチをする。」

ストレッチかぁ、午前のやつよりは楽そうでよかった。









「イタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイ…!!!」

なんだこの痛みは…!!!


最初は普通にストレッチをしていたんだが、一通り終わるとハンネスさんがミコを連れてきやがって、一言。


「乗れ。」


そして今に至る。

まさかこんなに痛いとはッッッ!!

もう涙目だよォ…

「ギル兄さんもジンももうへばったのかー?」

??!!

「エル兄さん痛くないの?!」

「うん!僕は体が生まれつき柔らかいからねー!だから体力がなくても怪我が少なかったんだぁー」

「なるほど!そういう事だったのか!すごいな、エル!」

「フフん( ー̀ ֊ ー́ )(これでも負けたら顔が立たないからね)」

これはまだ兄さんたちに比べて若い俺の方が有利なはずなのに…


「では、ストレッチも終わったし。次行くか。」

「「「はいぃ…」」」

「次は腕立て伏せじゃな。」



なんだ、普通じゃないか。

「今、普通だと思っただろ。」

「えっ!なんでわかったんですか?」

「だいたいそういう顔をするもんじゃからな。( ≖ᴗ≖​)」

「そうなんですね…(?)」



「まずは普通に腕立て伏せ30回をしてみろ。」

「「「はい!」」」



これは至って普通だな。特に変なところもないし。

「次、手を大きく開けて(広)30回。次は手をぴったり揃えて(狭)30回。」

おぉ、普通にいいトレーニングだ。前世の俺でも3回ならできそうだ。(俺しょぼっ)

「まぁまぁ、これくらいはできて欲しいな。おーい、出番だぞ〜」

「はーい!」

「ゲッ」

「げってなんですかゲッって!!」

いやぁ、まさか



「乗れ。」



はい出ました必殺技ぁぁぁ( ꒪Д꒪)

「ミコが乗ったまま今のをもう1セットじゃ。」

いやぁ、完全におじいちゃん孫の体型利用してるやん?


人が乗ってるから落とさないようにして体幹が鍛えられるし、腕立て伏せもきついし、、。



これ毎日とかキツすぎるだろ…。
















訓練回。

応援ありがとうございます。









「ガチで異世界!?転生して今度こそ楽しむぜ✧︎え?神様、邪神だったの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • サトゥー

    瞬間再生とかあれば最強

    0
コメントを書く