話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチで異世界!?転生して今度こそ楽しむぜ✧︎え?神様、邪神だったの!?

陽々[はるひ]

第7話

「母さん!さっきジンの稽古をしてやろうと思ってまず今の体力を見ておこうと思ってテストしたんだよ、そしたら見ろ!この結果!」

「まぁ......ジンを呼んできてくれる?」

「あ、あぁ、分かった。」

あ、父さん戻ってきた。

「ジン。母さんが呼んでるぞ。ちょっと顔が怖かったから気をつけろよ(小声)。」

え、なにそれ。俺どうなるのー?!

「母さん、どうしたの?」

「ジン、あなた.........なんて凄いの!!天才よ!天才!さすが私たちの子だわ!!」

あ、そっちですか、よかったぁ。

「か、母さん。苦しいよ。」

「あーんごめんねぇ〜。ジンあなた凄いわ〜兄さん達にも負けないくらいよ〜」

「母さん。そのくらいにしとけ(苦笑)」

「は〜い」

「ジンが凄いのは分かっただろ?俺は剣くらいしかちゃんと教えれないからな。母さんに魔法を教えてやって欲しいんだが。」

「あら〜、もちろんよ〜。ジン、父さんが冒険者だったのは聞いたと思うけど、私もなのよ〜」

「え!そうなの!?母さんも凄いんだね!」

「そうよ〜父さんと一緒にドラゴンを倒したんだから〜」

!   ただの天然美女だと思ってた。

「そうだわ、ノルガ。ジンももう少しで洗礼の義じゃない?」

「ああ、そうだな!まあもう少しって言っても2年後だがな笑」

「じゃあそれまでに少しでも鍛えてあげましょうか〜」

え?なんかトントン拍子に話が進んでるけど…洗礼の義??ってなんだ?

「父さん、母さん、洗礼の義ってなんですか?」

「あら、言ってなかったわね〜洗礼の義っていうのはね、5歳になったら教会に行って神様の加護をいただくことを言うのよ〜」

「そうだ、そして洗礼の義を受けると自分のステータスが見れるようになる。」

ス、ス、ステータス!?キターーーー!異世界じゃん!!

「あ、そうだわ。ジンはお勉強もちゃんと頑張らないといけないわね。」

「はい...」

やはり異世界でも勉強からは逃れられないのか…

「じゃあもう今日は遅いからお風呂に入って晩ご飯にしましょう〜」

「はーい」

「ジン、明日も7時起きだぞ☆」

「はーい...」











展開遅めです。

「ガチで異世界!?転生して今度こそ楽しむぜ✧︎え?神様、邪神だったの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く