話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ガチで異世界!?転生して今度こそ楽しむぜ✧︎え?神様、邪神だったの!?

陽々[はるひ]

第6話

ふぁぁ、7時に起きるって3歳にはきついでしょ...
でもせっかく父さんが教えてくれるんだから頑張ろう!

「お!ジンちゃんと起きれたな、偉いぞ」

頭ポンポンってこんなに嬉しいものなんだな...(*´`)まあ、前世が酷すぎたんだろうけど(苦笑)

「うん!まだ眠いけど頑張る!」

「よし、その意気だ!」

親子っていいな、...こんな感慨にふけってる暇はないな笑

「ではまず、ジンの今の体力がどのくらいあるか確認したい。」

「はい!何をすればいいんですか?」

体力測定みたいでワクワクしてきた!

「うむ、では最初は上体起こしだな。支えといてやるから30秒間やってみなさい。」

「はい!」

1.2.3.4.5....

「よし、終わっていいぞ」

ハァハァ...きっつ!途中何回かわかんなくなっちゃったな、、

「父さん何回だっt」

......ん?父さん震えてね?

「ジン、本当に3歳だよな?」

「? そうだよ?」

「お前の記録は36回だ」

やった!結構できたぞ!

「はぁ、ジン、普通3歳だったら5回出来たらいい方なんだぞ?」

「え゛」

やっべぇー...なんでだ?なんでこんなに筋肉あるんだよ...

「まあいい、じゃあ次は50m走だ」

「は、はい!」

これ手加減した方がいいのかな?いや、これは確認だからちゃんと計測しないとね。

「よーい、ドン!」

号令かわいいかよw

タッタッタッ...ピッ

「よし、...!」

前世とは比べ物にならないくらい体が軽い!

「フゥ、父さーん!どうだったー?...?」

「はぁ、もういい。これで計測は終わろう。他のもどうせ同じようなものだろう...」

最後の方がよく聞こえなかったけど、とりあえず終わりだな。
なんか父さん呆れてる?どうしたんだ?

「ジン。50m走は、8秒26。はあ、本当に俺の子だよな…」

「どうしたの?結果悪かった?」

「いや、逆だ。良すぎるんだよ。あのな、普通、3歳は25m走なんだ。さっきの結果から50m走をやらせてみたんだが、普通は!走りきれたとしても15秒以上は絶対かかるんだ。」

俺、愕然。前の高校生の時よりいいんだけど...。嬉しいけど、やばいな。なんて言おう...。うーんうーん...

”スキル:肉体強化を獲得しました。”

.........なんでこのタイミングなの?!馬鹿じゃないの!?これ言っていいやつ?言ってみる?言ってみちゃうよ?

「と、父さん、なんか肉体強化(?)っていうスキルみたいなものg」

「なんだってぇー!!!!...母さんに報告だ。母さーん!!ジンがー!」

そんな走って呼びに行かなくても...












今回はちょっと微妙なところで終わってしまいました(--;)

これからもよろしくお願いしますm(*_ _)m





「ガチで異世界!?転生して今度こそ楽しむぜ✧︎え?神様、邪神だったの!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ラテ

    wwwwww

    2
コメントを書く