ポテトで異世界無双〜全てがポテトで構成された世界〜

空星 時月(旧名:✣《月夜》【面接官】✣)

~4話~

「旅に出る前にまずは勇者にしか抜けない、『聖なる芋でできた剣』略して聖剣を抜いてください」
「『聖なる芋』がなかったら強そうだな。その剣ってそんなに強いのか?」
「はい、それはそれはすごいそうですよ。こちらです」
  シェリーはそう言いニコリと微笑み歩き出した。

☆★☆★

「で、なんで隣の部屋にあるんだよ」
「便利ですので」

  聖剣がある部屋は、俺が召喚された部屋の隣だった。

「なんか、こう……神殿とかなかったのか」
「便利ですので」
「敵とか…」
「便利ですので」
「そうか……」

  聖剣がある部屋の中央には台座があり、そこに黒い剣が刺さっていた。

「あれ、聖剣?」
「はい、文献によれば『シャドークイーン』と言うそうですよ」
「本当聖剣か?」
「さっそく抜いてみてください」
「気は進まないが、やってみる」

  俺は覚悟を決め、シャドークイーンに向かって歩き出した。
  握ってみると意外にもシャドークイーンは手に馴染んだ。

「スゥ、ハァ」

  俺は深呼吸し、両手に力を込める。その瞬間右手の甲に黒く光るジャガイモのマークが浮かび上がった。

「ウオォォォォ!」

「ポテトで異世界無双〜全てがポテトで構成された世界〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く