話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

103★不文律の意味を理解しているかい?



 おや、まだ食い下がってくるか?

 では、決定打の説明をしよう。

 私は人の悪そうな微笑みを浮かべて言う。

 「知らない人間も多いと
  思ったので説明しよう

  この国は
  異世界召喚された勇者と
  聖女の作ったもなのだ

  そして、2人の祖国の皇室は

  たかだか50年程度の
  寿命しか有していない
  短命種だというのに

  1600年以上の永きに渡り
  1つの皇室の血統が
  皇位を継いでいたと………

  そして、他国者の血を1度も
  皇室に入れたことは無いと……」

 私の説明の途中で、ソレントの王太子が口をはさむ。

 「そんな馬鹿な………
  国と国との同盟に婚姻は
  もっとも重い契約となるのに」

 その言葉に、私はひとつ溜め息を吐き出した。

 国力によっては、人質をとるだけで、婚姻とも呼べないコトだってままあるのに。

 残念だな、若いのに頭の固い皇太子だ。

 いや、それほどに、シルビアーナが欲しいのだろう。

 金月の女神ディアーナの化身と歌われた美姫ディアーナの娘で、銀月の女神癒しと再生の女神シルビアーナの化身と言っても過言ではない美貌を取り戻した、シルビアーナ。

 まして、あの魔物のスタンピートを事前に回避できたのは、シルビアーナの《魔力》。

 今後3000年から5000年は、魔物のスタンピートや大量発生、魔王の出現も無いとシルビアーナが契約した、神獣? 聖獣? は、言っていた。

 美貌と《魔力》を持ち、神獣か? 聖獣か? はわからないが、強大な力を持つ者を従える2つの皇家(王家)の血を引く姫、それがシルビアーナだ。

 シルビアーナと婚姻して生まれた子供は、みな輝く美貌と膨大な《魔力》を有するだろう。

 確かに諦めきれないだろうなぁ~…だが、断固として他国者は拒否する。

 まずは、不文律を納得してもらう必要があるからな。

 はぁ~…面倒くさい。

 だが、ここではっきりと断らねば、後々面倒なコトになるだろうからなぁ~………。

 私は内心での葛藤を隠して淡々と告げる。
 
 「ひとの話しは最後まで
  聞いて欲しいものだな

  その国ヤムートは
  島国だったそうだ

  周りを海に囲まれていた為
  他国との付き合いはあっても

  戦争などをしたことは
  ほぼ無かったようだ」

 「それでは、他国との
  付き合いが生じた時に

  負けて滅びて
  しまったでしょう?」

 まぁ~そう思うよなぁ~……じゃなくて、どうして黙ってひとの話しを聞けないのか?

 ブランデルの息子もそうだが、皇太子や王太子になる者は、おうおうにして傲慢でプライドだけが高い。

 もっと状況判断の出来るようにならねば、未来は暗いぞ。

 伯母上の苦言を聞き流していたブランデルのように、そして、廃皇太子となった馬鹿息子のようにな。

 私の息子には、そうならないように言い聞かせねばな。

 まぁ…確かに私達の常識なら、そう考えるのも当然と言えば当然なのだが………。

 でも、そんな常識が通じない国もあるんだよ。

 我が始祖達の祖国、ヤムートのように………。

 「いや、他国との付き合いを
  始めた当初は負けていた

  が、高々30年程度で
  ある程度追い付き

  その世界の列強と呼ばれた
  大国に海戦で鮮やかに勝ち

  見事、列強の一角に
  食い込んだそうだ」

 「それは、おかしいでしょう?

  他国との付き合いがなければ
  どうしたって遅れているはず

  それを取り戻すのは
  容易ではないと思いますが?」

 だから、私の話しに口を挟むな。

 自分の地位に慢心している者………皇太子や王太子………に、そう注意する意味は無さそうだから言わないが………。

 ここは自国ではなく他国で、私は、現在皇帝の位置にいるのだがな………。

 国交と言う意味での、配慮とかを考えてい無いようだな。

 まぁ、ソレを指摘して注意したとて、逆切れして噛み付いてるのは見えているからな。

 それでも、我が始祖達の祖国はそうだった。

 国民一丸となって、富国強兵を邁進したら出来たんだよ、ヤムートでは………。

 始祖は何度も言っていたって、記録が残っているから………。

「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く