話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

098★ 樹の精霊ドリュアスさん達が出現しました



 『だから、ママ、たっくさん
  ソルス・エル・ピーシェの

  熟《う》れた果実を食べて
  あの子達を起こしてあげてね』

 コウちゃんの言葉に、私はにっこりと笑って頷く

 「うん、そうするわ
  食べることを許されている限り

  ソルス・エル・ピーシェを
  食べられるだけ食べて

  《魔力》や体力をマックスまで
  あげるわ……」

 消える実がもったいないと思っている私の気持ちを配慮して、ガッちゃんがにこにこしながら言う。

 『主さま
  あの子を起こした時に

  実が残っていたら
  僕も食べますから

  気にしないでください』
 
 『そうだよ、ママ
  今日食べ損ねたらさ

  あっちのダンジョンに行って
  帰って来た時に

  また、ここにきて
  食べれば良いんだから………』

 本当は採取を許されるのは、冒険者それに類する者達だけだし………。

 数だって、1人3個が限界なんだけどねえ………。

 今はほとんど誰も食べれないし採取できないんだから、インベントリに保管できるならするべきよね。

 そう思った私は、コクッと頷いて言う。

 「そうね…だったら、熟《じゅく》した
  ソレス・エル・ピーシェは
  とにかく全部収穫しようね

  かなりの量があるし
  この村の周囲をぐるりと

  回るように植わっているから
  かなり大変そうだけど………

  熟《う》れた実を採取してみて
  消えないようなら

  インベントリに保管するし
  食べられるだけ食べるわ」

 私の宣言に、コウちゃんがくすくすと笑いながら言う。

 『だったらママ
  樹木の精霊ドリュアス達に

  実の収穫を依頼すれば
  良いんだよぉ~………』

 「えっ? そんなコトを
  頼んでも良いの?

  って言うか、ココに居るの?
  その樹木の精霊さんって?」

 『はい、ここに来てから
  主さまのことをジッと
  見ていますから………』

 『うん、この村に近寄った時から
  ジッと見ていたから大丈夫だよ

  ママのお願いを聞きたくて
  ジタバタしているから………』

 『確かに
  誰が主さまの前に出るかで

  あちこちで、小さな喧嘩を
  しているぐらいですから……』

 「えっ? どうして?」

 『ドリュアス達も
  ママの歌を聞きたいし

  ママの目にとまりたい
  からだよぉ~………』

 「えっとぉ~…歌なら
  さっき聞いていたでしょう?

  ってか、私の目にとまる?」

 小首を傾げた私に、コウちゃんが諭すように言う。

 『さっきのは
  シルフィード達の為に
  歌っていたでしょ

  ドリュアス達もね

  自分達の為に
  歌って欲しいって
  思っているんだよ』

 『主さまの目にとまって
  できれば名前をもらって

  ついて歩きたいっていうのが
  本音でしょうね』

 えっとぉ……名前をもらってついてあるく?

 って…そんなコトして良いの?

 いや、確かに、精霊を使役している者がいるのは知っていますけどねぇ………。

 というか、なんで私についてきたいの?

 意味がいまいち理解できない私は、うにうにと首を傾げながら、たわわに果実を実らせているソレス・エル・ピーシェの大樹へと視線を向ける。

 あっ…確かに、そこここのソレス・エル・ピーシェの大樹に居るわね。

 アレが、樹の精霊ドリュアスなのね。

 透き通る翠の髪に褐色の肌が多いわねぇ………。

 いや、遠目だから、詳細にまでは見えないけど………瞳はどんな色なのかな?

 じゃなくて、コウちゃんやガッちゃんの言動から考えて、樹の精霊ドリュアスは私に好意的みたいだから………。

 このさい、ちょっとのズルは良いよね。

 ソレス・エル・ピーシェの大樹の果実を採ることを、樹の精霊ドリュアスさん達にお願いしちゃいましょう。

 「えぇ~とぉ~………
  そこここにいる

  樹木の精霊の
  ドリュアスさん達

  良かったら、熟《う》れた実を
  採って欲しいんだけど

  お願いできるかしら?」

 そう言った私の前に、一瞬でたくさんの 樹木の精霊ドリュアスさん達が現われ、その手にたくさんの果実を持っていた。

 えっとぉ~……もしかして、もう熟《う》れたの採取していてくれたのかな?

 嬉しいからお礼を言いましょう。

 「ありがとう
  樹木の精霊の
  ドリュアスさん達」

 私の言葉に、 樹の精霊ドリュアスさん達はモジモジする。

 その中の1人が代表して一歩前に出て言う。

 『私達にも
  歌を歌ってください

  そして、誰でも良いです

  1人だけでも
  お供に連れて行って下さい』

 えっとぉ~………コウちゃん、ガッちゃん、どうしたら良いの?

 思わず、そんなことを考えて、私は2人へと視線を流した。






「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く