話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

090★ソレス・ロス・エンダ村に到着しました


 お気に入りのアニソンを歌いながら、このまま行けば、あの村の大好きな果物を食べられることを思い出す………。
 ソレス・ロス・エンダ村の周りには、魔物避けの結界を兼ねて、前世の聖なる食べ物? 扱いの、桃に似た果物が植えてあったから………。

 そして、その果物は、難攻不落の深淵の絶望のダンジョン《狂いし神子の討伐》の攻略に行く冒険者は、お一人様3個まで採っても構わないことになっていたから………。
 その果物は、太陽神ソレストの愛と加護の実(ソルス・エル・ピーシェ)って呼ばれていたのよ。

 でも、3個採れるかどうかは運しだいだったのよねぇ………。
 ソレス・ロス・エンダ村に来る冒険者って多かったから………。
 採れない場合は、村の宿屋に泊まって、実が熟すのを待たなければならないのよねぇ………。
 生っている実が若すぎて、何度、実が熟すまで宿泊したことか………。
 ソルス・エル・ピーシェって、本当に、桃に良く似た果物なのよねぇ………。
 とは言っても、実際の実物は見たコトないけどね。

 前世のRPG【黄昏の解放】の中に出て来ただけで、本当の味までは知らないから………ただ、とても美味しいってことになっていたわね。
 実際に、食べたらどんな味なのかしらねぇ………。

 だって、これはゲームじゃなくて、現在進行形のリアルなんですもの………。
 それでも、わくわくするわぁ………うふふふ…きちんと熟した実はあるかしらねぇ?
 ああ…それにしても、私ってば、こっちに転生して、すっかり食いしん坊になっているわねぇ………。

 でも、ソルス・エル・ピーシェって、本気でどんな味なのかな?
 RPG【黄昏の解放】の中と同様に、同じ効果を期待できるのかしら?
 いや、その前に、採れる分は残っているのかしら?

 なんてことを考えながら、アニソン中心に歌いつつ、ひたすらソルス・ロス・エンダ村に向かって歩いて行く。
 そして、あの桃に良く似た実をたわわに実らせる巨木が、遠くに微かに見えた。

 え~とぉ~…確かこの方向だったわね………一際高い木もあったから………。
 あぁ…よかったわぁ~…有ったわ、ソルス・エル・ピーシェの大樹が見えたわ。
 まだ、完全に視認できないけど、アレで間違いないわね。

 あそこから結構な距離があったわねぇ………いや、本気で………。
 RPG【黄昏の解放】の時は、仲間もいたし、レベルもかなり上げていたから、移動距離を何とも思ってなかったけれど、実際をリアルで歩くと距離あるわ。
 天使シリーズを身に付けて、深窓のお姫様育ちのシルビアーナの色々を底上げしても大変だったわぁ………。

 それに、途中で何度も魔物と遭遇したし………。
 やたらとエンカント率が高かったのは気のせいかしら?
 いや、RPG【黄昏の解放】の《難攻不落の深淵の絶望ダンジョン》周辺って、近くに
《永遠の牢獄ダンジョン》も有ったセイで、魔物との遭遇率は高かったけどねぇ………。

 ある程度は、ソルス・ロス・エンダ村に来た冒険者達の手で間引かれていたから、入り口周辺に近寄らない限りは、そこまでじゃなかったはずなのよねぇ………。
 まぁ良いわ……だって、ソルス・ロス・エンダ村の聖なる木である、ソルス・エル・ピーシェの大樹がはっきり見えたんだもの………。
 ってことは、ソルス・ロス・エンダ村に到着したってことよねぇ………。

 やったわ……そう思った私は、コウちゃんを見た。
 勿論、コウちゃんも私を見ていた。
 当然、先頭を見た目はトテトテだけど、意外と早い速度で歩いていたガッちゃんとも視線が合い、思わず頷きましたわ。

 「ようやく、辿り付いたようね」

 思わずそう感慨深げに呟けば、コウちゃんが言う。

 『とりあえず、ここに来たら
  ソルス・エル・ピーシェの実をゲットだね、ママ』

 『ソルス・エル・ピーシェの実って、魔石より美味しいのでしょうか?』

 2人の発言に、私は思わずクスッと笑ってしまう。

 「そうね、美味しいって設定になっていたわね
  実際はどうなのか? 食べてみればいいわ」

 そういう会話をしている間に、ソルス・エル・ピーシェの大樹が結界のように植えられた、ソルス・ロス・エンダ村に到着する。


              ***


 結界として植えられているソルス・エル・ピーシェの大樹を見上げで、つい微笑みが零れ落ちてしまう。

 良かった………きちんと、実がなっているわ。
 それも、充分に熟したとわかる紅い色の付いた実があるわ。
 そこでさっそく、私は、楽しみにしていたソルス・エル・ピーシェを、規定に従って3個採りにかかった。

 1個目をもいだ時に、ふと美味しくなかったら? って、思ってとりあえず1個だけを手にした私は小心者。
 だって、たとえ美味しくなくても、食べないモノを採るのは良くないことだわ。
 ああ、本当に私って日本人だわぁ………。
 いや、前世の記憶が強くなって、もったいないが出てきてしまったらしい。




「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く