話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

083★精霊さんは面白がり屋さんのようです



 「なんか凄いレジェンド系のアイテムね。他に特典はついていないの?」

 思わず、他の追加効果とかあるのかと聞いてしまう。
 そんな私に、コウちゃんが説明してくれる。

 『死薔薇の鞭で死んだ魔物のHPを、半分ママに付与してくれるよ
  HPが少なくて、でも、強力な魔物のいるダンジョンに潜るには
  最適なアイテムなんだ

  ただし、滅多に手に入らないアイテムだから
  あそこに在って良かったって思ったの』

 あら…それって…あったわぁ~……えぇ~と妖精の剣だったかしら?
 じゃなくて、奇跡の剣だっけ?
 いやぁぁ~ん…ソレと同じ…いえいえ、それ以上の効果があるのね、凄いわ。

 「ふぅ~ん…ドラク○に出て来たアイテムと似ているけど
  もっと効力があるアイテムなんだぁ~…もっとガンガン使って……」

 レアアイテムをゲットしたことに興奮して、戦闘民族気分になった私に、コウちゃんが冷たく水をさす。

 『ママ、それをやると魔法のレベルが上がらなくなるからね』

 あっ…それは不味いわ………このシルビアーナの身体って………
 あまり動かないお姫様をさせられていたから、とてもひ弱なのよ。

 天使シリーズで底上げしていたって、並みの冒険者がやっとよ。
 魔法のレベル上げは必須だもの………。

 「うっ………それは…イヤ…真面目に、魔法を使うわ……
  というコトで、魔法を使えるようにナビよろしくね、コウちゃん」
 
 『まかせて、ママ』

 「ガッちゃん、倒した魔物の処理お願いね」

 『はい、主さま』

 死薔薇の鞭の進化と、私のレベルアップを目指して歩き始める。
 さほど歩かなくても、ダンジョンのある魔の森は、魔物と遭遇できる。
 私のサーチに魔物が引っかかった。
 
 「コウちゃん、ホーンウルフよりも、気配が強いね
  それに数がめちゃくちゃ多いんだけど」

 私の言葉に、コウちゃんがちょっと考える素振りをしてから答える。

 『うん、キラーアントの上位種のアーミーアントだよ
  土属性魔法シェイク、クェイク、と無属性魔法のパワーを使ってくるよ
  外皮が土魔法属性の防具になるよ

  でも、こんなにはいらないから、アイスニードルを使ってイイと思うよ
  肉は使えないし、魔石はそこそこかな?
  ガッちゃんに外皮と魔石の一部ををもらえば良いよ』

 私は、素直に水属性魔法を使うことにした。
 確かに数が多すぎるから、外皮を傷つけないなんて気にしなくて良いからね。

 そう、高をくくっていたんですけどねぇ………。
 その数分後、私は後悔していた。

 簡単なんて考えていた私は甘かった。
 そう、アリですもん………出現した、その数が半端なかったです。

 エサを求めて歩いているんじゃなくて、群れの移動に遭遇したようでした。
 私は、その蠢くアリの群れに、ブチッと何かの切れる音を聞きました。

 「マイクロアイスランスゾーン」

 無意識で辺り一面に、アイスニードルを撃ちました。
 それに当たったウォーアント達は、次々と凍って砕けていきます。

 ザンザン(魔法が当たった音)パキパキ(凍った音)シャリーン(アリが砕ける)という音が響きます。
 どうやら、精霊達が力を加えているようでした。

 お陰で、フリージングキル並みの威力になっていたようです。
 でも、そんなの知ったこっちゃねぇ~……で、ガンガン魔法を放つ私でした。
 すっぱり、気持ち悪かったんです。

 そして、凍って砕けるアリの粒に、天使シリーズは耐えてくれました。
 が、景色が寒々しくなったので………。
 そう周りの木々や下生えも凍って、パキパキシャリーンと音を立てて砕けていきます。
 これは不味いと思い私は、風属性魔法に切り替えました。

 「マイクロウィンドカッター」

 小さなカマイタチをイメージしたんですが………。
 アリたちは、次々に、ザクザクと切り刻まれていきます。
 どうやら、私の周りに集まった精霊達は、その行為自体を面白がっているようです。

 それでも、周りに対する被害が減ったようなので、そのままにしました。
 というか、精霊達が勝手にやっているので、私には止められないという状態なので………。

 だって、集まった精霊達と、契約とかしているわけじゃないし………。
 まだ、その姿をきちんと見てい無いから………。
 ついでに言えば、契約は怖いので遠慮します。


「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く