話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

071★初代皇帝の勇者と、皇妃の聖女は、F1だった?


 『うん、そうだよ
  まぁーこの世界の【ことわり】として

  どこかのダンジョンを起点とした
  魔物のスタンピートはあるかも知れないけど

  それって、増えすぎた人類を間引く為の
  小規模氾濫程度でしかないから
  勇者も聖女も必要ないんだよ』

 「ええぇぇぇぇぇぇぇぇ~………
  身代わり地蔵が存在しないぃぃぃぃぃぃぃぃぃ……」

 驚き過ぎて叫ぶ私に、コウちゃんは付け足す。

 『まぁ…魔王が誕生する要因になるモノは
  ガッちゃんが食べちゃったから

  魔物の大氾濫……
  俗言う、スタンピートが起こるほどの
  魔素だまりが出来て、魔物が増えるには……

  人類の増え方にもよるだろうけど
  軽く2000年~3000年はかかるだろうし…

  魔王を誕生させられるだけのモノっていうと…
  5000年くらいかな?

  異世界召喚が起こるとしたら
  大体5000年先だね』

 その言葉に、私は呆然とする。
 そこに、ガッちゃんが言う。

 『ところで、主さま………

  今の内容、向こうにも流れていますが
  よろしかったのですか?

  なんの指示も無かったので
  繋いだままでしたが………』

 新たな頭痛の種になりそうなガッちゃんの言葉に、私は水晶に向かって宣言する。

 「お父様、シルビアーナは旅に出ますっ……

  良き夫を自前で見付けます

  私の背負いしモノを共に背負える
  良き夫を得て、次代となる子を得たら戻りますわ

  では、ごきげんよう」

 そう言い放った瞬間に、ガッちゃんへと視線を向ければ、コクッと頷いて、水晶球と繋がる魔術による通信を断ち切ったのだった。

 「はぁ~………どうして、こうなるの?
  じゃなくて………えぇ~とぉ~………」

 困惑する私に、ガッちゃんが言う。

 『主さまがこちらに転移されてから
  お父上と通信が繋がるまでを確認なさいますか?

  魔術通信の残滓がある今なら
  何か起こっていたかを見ることが出来ますよ』

 ガッちゃんの言葉に、私は頷く。

 「ええ、頼むわ。一応は、どうなったかぐらい確認しないとね」

 私の言葉に、ガッちゃんが水晶珠に魔力を込める。
 今の私には、ソレ魔力の動きを視認できた。

 本当に、あんなに苦労したのって、あのお花畑なルドルフ皇太子のセイだったのねぇ………。

 じゃなくて、あのビッチでゆさゆさメロンのいかにも性悪な男爵令嬢、ヒロインじゃ無かったのかぁ………。

 あの後、どうなったのかしら?

 ルドルフ皇太子は、結婚する気バリバリにあったようだけど?

 そう思っているうちに、ガッちゃんの魔力によって水晶珠に映像が現われて動き出す。

 お父様ってば、本気で私を助けだそうとしていたのね………。
 そっか…私は愛されていたのね………。
 っていうか、今は亡き皇太后様からの指示だったんだ。

 うわぁ~…とんでもない内容のお手紙。

 えっとぉ……結局、廃嫡されたんだ。
 あぁ…確かに、誰もヒロインと認めてないわ、あの男爵令嬢。

 みんなの共通認識は、ビッチ超えて、娼婦ですか………。
 その娼婦に負けた私って…………じゃない、続き続き。

 あの皇太子妃の証明とされる3点セットってマジものの呪具だったんだ。
 その製作者って、初代皇帝………って、アレ?
 なんか、引っかかるモノが………。

 「コウちゃん、ガッちゃん
  初代皇帝って《狂いし神子》を
  封印したってことになっているんだけど………」

 『うん、あいつ等に操られた勇者だよ
  その奥さんは、聖女ね

  どっちも、手を加えられているから
  魔力が他の人間よりも遥かに強かったんだ』

 そのコウちゃんの言葉に、ガッちゃんがコクコクして、その額の魔石で視てきたモノを思い起こして言う。

 『ただ、一代雑種というか………
  子供には伝わらなかったようですよ
  性質も、力も』

 コウちゃんが、そこにちゃちゃを入れる。

 『F1じゃしょうがないよ
  子供には遺伝しないから………

  ほら、ママ…あっちでも
  遺伝子操作された鶏が居たでしょう

  卵を産むことに特化したヤツ

  アレって、卵の時に手を入れられているから
  ソレから孵った鶏は同じだけの
  能力を有していないって、例のアレだよ

  ママってば、怒ってたでしょう

  ほら、ミニトマトとかミニキュウリとかでも……
  せっかく、種とって植えたのに
  同じモノが生らないって………』

 私が、プランターで小さな家庭菜園をして、育てて楽しみに食べていたお野菜や、ホームセンターで買ってきたニワトリさんを例にあげて、コウちゃんが説明してくれる。

 具体例をありがとう………遺伝子組み換えとかは、反対です。
 継承されない性質はちょっといただけないし、後でどんな弊害が出るかわかりません。



「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く