話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

067★やっと、声を届けて、娘の姿を見ることができたが………


 第2皇子と、その側近を見送った私は、出来の良い我が部下に視線を向ける。
 彼らは、ひっそりとあの娼婦と馬鹿の側近達を拘束していたのだった。
 勿論、コリウスは、言葉を奪われ、魔力封じの首輪と、魔力封じの手錠をつけられていた。

 まぁ、当然の処置だな………どいつも、野放しにしたら何をやらかすかわからんからな。

 シルビアーナを拘束し、その背を蹴った近衛の馬鹿息子の顔は、右側のみぼこぼこになり色が変わっていた。
 私が殴る分として、左側を綺麗にしてあるのだろう。
 うん、その気持ちは嬉しいぞ、後でたぁ~っぷりと殴ってやる。

 馬鹿の側近達は、みな顔の半分をぼこぼこにされ、魔力封じの首輪と手錠をつけられていた。

 娼婦も魔力封じの首輪を嵌め、両手に手錠状の魔力封じを着けられていた。
 首輪と手錠に付いている鎖を、嫌そうに部下が握っていた。

 うん、そんな穢れた娼婦に直接触りたくないよな………すまん。
 だが、流石私の有能な部下だな。

 私は、会場内を一通り見てみた。
 ソコには、居て欲しくない存在が多数………。

 なぜ? こんな場所に、あいつ等が居るんだ?
 貴様らは、皇子(=王子)だろう? 
 いや、下手をしたら、皇太子(=王太子)じゃないのか?

 それが、何故、国を離れ非公式に、我が国に僅かな側近と共に滞在しているんだ。
 馬鹿なのか? 他国に非公式で入国していて死んだらどうする気だ? 
 まったく、我が国にどれだけの迷惑がかかると思っているんだ。

 ったく、ああいう面倒なやつ等は、さっさと元の場所故郷に、お戻りいただくしかないな。
 このくそ面倒くさい状況で、お前らのコトまでかまっていられるか。

 思わずイライラしていたら、アーダベルトが、私の肩をぽんっと叩いてくれた。

 「レギオン、落ち着け、俺達もここに居る
  それに、面倒くさいブランデル現皇帝の口を封じているんだ
  俺達で対処出来る………なっ、落ち着けよ」

 アーダベルトの言葉に、私は、溜めていた息をそっと吐き出した。
 
 「そうだな、ルト
  彼らに全員ここに集まってもらい

  我が国に来た理由を聞いてみるか
  なんか、イヤだけど」

 「ソレが良いぞ………
  ただ、お前の嫌な予感通りシルビアーナ姫に
  婚姻を申し込みに来ただけかもしれないけどな」

 私は、聞きたくなかったコトをヘロリと口にした、ルトをじっと見詰める。
 それになのに、ルトは私を無視して、あの憎たらしい侍従長に声を掛ける。

 「侍従長、外務大臣を呼び出せ

  いくら、非公式でも
  大使からの連絡はあったはずだろう?

  それとも、お前も知っていたのか?」

 淡々とした問いかけに、ちょっと困ったような表情で、言い訳がましく答える。

 「私は、外務大臣のロシフォール閣下より

  丁寧に案内する人物リストを頂いて
  この会場に案内しただけです

  仮の名前を教えられていただけなので………」

 「そうか、誰が誰かはわからないんだな?」

 「はい。私どもが知るべきでは無い情報ですので………」

 「だとよ、レギオン
  あのいけ好かないロシフォールを
  呼び出すしか無いようだぜ」

 はぁ~私、ローって幼馴染って言っても………。
 ロー達は、ルト達と違って、裏がメインのヤツラだから、苦手なんだよなぁ~……。
 あーめんどくせー………なんで、私が………。
 なんて、腐っていたら、もっといや~んなコトに………。

 表面上はにこやかに笑っているが、実際は煮詰まっているロー達が、呼んでいないのにやってきた。

 自分から私のところに来るってコトは、収拾不能寸前だからか………。
 嗚呼懐かしき日々だなぁ………こういうパターンって、今は亡き皇帝陛下である叔父上の裁定が欲しいんで、宜しくって時ばっかりだったよな?

 あの頃は、海千山千の叔父上が、しっかりと裁定してくれたけど………。
 ここに居るのは、私とアーダベルト、バルドゥル、ユリシーズ、ギルダールという脳筋に近い者達のみ………。

 いや、師匠イグナシオ殿が居る。
 師匠に聞けば押し付けるなんとかなるはず。

 私が、ほっと息を抜くと、ルトが視線で聞いてくるので、思いついたコトを口にした。

 「ルト、ここは、経験豊な師匠に丸投げしよう」

 「おお……その手があったか」

 「だろう」

 私とルトが盛り上がっていると、近寄って来たバル、シーズ、ギルが不思議そうな顔で私達を見ていた。

 そんな私達に、ロー達が、ボソッと酷いコトを言う。

 「レギー、良いのか?

  師匠に頼みごとをすると
  倍の仕事を押し付けられるぞ

  下手したら、シルビアーナ姫の婚約者に
  我が息子イルバインを………

  なんて言うかもしれないぞ」

 「うっ嫌なコトを言うなよ

  私個人の話じゃなくて、国交に関わるんだ
  引き換えに何かを要求するってのは
  いくら師匠でも………」

 なんて会話をしていたら、空気を読まない侍従長が、他国の皇子(=王子)達一行を、私達の前に案内してくれた。

 どおぉぉぉーして、お前ら侍従達は、余計な仕事は速いんだよぉぉ。
 なんて思いは、皇族のプライドでねじ伏せて、私は静かに微笑んでみせる。

 その間に、ブランデルはそっと私達の後ろに隠れやがった。
 後でしばき倒すぞ、ブランデル。
 そんなイラついた状態の私に、魔法使いのアストリスが話しかけてきた。
 
 「レギオン殿
  他国の皇族様達との会話は長引くと思いますので

  せめて、シルビアーナ姫と会話だけでも
  先にしてはいかがでしょうか?」

 「繋がったのか?」

 「はい、完全に繋がりました

  こちらのミスリル銀の鏡に話しかけてください
  繋がるとお互いの姿が映ります

  幸いなことに姫様のいらっしゃる空間に
  強力な力を宿した水晶の存在がありましたので………」

 「そうか………シルビアーナ、父の声が聞こえるか?」

 その呼びかけに………。

 『えっ?』

 驚く娘の声が響く、そして、誰かとのやりとりらしい声が少しの間続いた、その後に………。

 色が違うだけで、我が愛しきディアとそっくりな娘の姿が、ミスリル銀の鏡に映った。







「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く