話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

064★ パーティー会場にて、手渡された手紙は最悪?1


 私は、伯母上の手紙の内容に、驚いてしまう。

 伯母上、貴女は、何故、そんな、悪夢を見たんですか?
 その上で、きちんと内容を書きとめておくなんて………。
 私なら、目覚めて直ぐに、悪夢の記憶を封印しますよ。

 どうして、私の可愛いシルビアーナが………。
 為政者としては良いが、夫としてはいかがなものか?
 という男とばかり、婚姻するんですかぁぁ?

 どの男も、優秀で力があり、為政者としての能力も高く、それぞれの分野で並ぶものは無いというイイ男ですが………。

 シルビアーナの結婚生活の大半は、ベッドの上ぇぇ~………。
 軟禁? 監禁? という状態で、自由がない?

 子供に恵まれても、嫉妬深い夫?に邪魔されて、シルビアーナは思うように子供と接するコトが出来ないなんて………。

 シルビアーナは、あの呪具のセイで不遇な生活を強いられていた。
 馬鹿の婚約破棄の宣言と、呪具を外すという暴挙を受けるまで………。
 シルビアーナは、感情すら制限されていたのに………。

 それなのに、自由になったのも束の間で………。
 今度は夫になった者に、愛という名の束縛をされるだと………。

 それも、私の選んだアルディーンで………。
 そして、弟のラインハルトでも………。
 上がっている名前は、どの男も、良い男のはずなのに………何故?

 シルビアーナと婚姻した途端に、監禁?軟禁?束縛男になってしまうとは………。
 それも、そろいも揃って、似たようなコトをする男ばかりとは………。
 伯母上の能力を考えると………ハズレは、なさそうですよねぇ………。

 というか、そんなに、書き残しが出きるほど、鮮明だったんですね。
 リアルに体験したんですね。
 シルビアーナの為に、言葉を尽くしても、聞き入れてくれない夫達を………。

 だから、貴女は、私に、この酷い内容の手紙を残したんですね。
 読んだだけでも、軽く人間不信になれそうですよ。

 特に、アルディーンと息子ラインハルトに………。
 あのおとなしく目立たない第2皇子のレオンハルトが………だ、なんて………はぁ~。
 私と同じように、獅子の名を持つのに、覇気の無い皇子と言われているのに………。

 しっかし、おのれのペットに似ているから、シルビアーナに餌付けして、食べる姿にほれ込むなんて………。
 愛する理由自体が、何か嫌だ。

 そして、何より、ラインハルトよ。
 我が息子よ、何をこじらせた?
 姉を騙して………妊娠させて、強引に結婚に持ち込むなんて………。

 この3人は、すべて、濃いか薄いかの違いしかないこの国の皇族の血を引く………。
 その血が、その狂気の原因か?
 でも、他の4人は………。

 嫌、冒険者以外は、皇家の血が流れている………。
 きっと、皇家の血が原因だ。
 断じて、美し過ぎるシルビアーナが原因ではない。

 なんて、可哀想なんだ我が娘は………。
 出来すぎる男が、求婚者だから、これ以外の男は、選択肢に無い………。
 どれを選んでも、監禁?コース………のんだ男ばかり………。
 神の呪いか? 祝福か? 判断に苦しむよ………。

 この国に、シルビアーナは、幼児期から少女時代を、皇太子妃として相応しい者となる為という建前と、馬鹿に魔力を供給するという本音間役割の為に、身体の自由と感情の自由を奪われていた。

 それなのに、今度は、愛する夫に自由を奪われるのか?
 子供に会わせるのも嫉妬する夫が、私達家族と会うことを許すとは思えない。

 そんな風に、際限の無い地獄に落ちたような感覚の中、ブランデルが力づくで周囲の者を振り払い、私に手を出す。

 そう、その双眸が言う。

 『母上の手紙、私にも読ませろっ』と。

 そうでなければ………。

 『先の2通の手紙同様、皆が見れるように映し出せ』と。
 



「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く