話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する

ブラックベリィ

054★パーティー会場にて・そして茶番がはじまる2

 あの手紙のお陰で私は、この国の貴族としての義務を放棄することを決めた。
 皇太后陛下セレナーデ様は、微かに未来見さきみの能力を持っていると、先代皇帝陛下アレキサンデル様より聞いていたから………。

 手紙に書いてあった事柄は、すべて起こるだろう未来。
 だから、私は、思っていたことをすべて行動に移した。
 我が愛しき娘シルビアーナを助ける為に………。

 あの馬鹿が、シルビアーナ以外にとち狂い、婚約解消をすると判ったから………。
 私達の腕にシルビアーナを取り戻せると確信したから、ソレント王やアルビア皇帝に魔術師達を借りる為に、頭を下げに行った。

 力を借りることと引き換えに、魔の森で手に入れた上質で巨大な魔石を差し出した。
 また、魔の森の奥で見つけたミスリル銀の鉱床から、掘り出したミスリル銀も差し出した。

 まさに、売国奴と呼ばれる行為を成した。
 が、私は、ひとつも後悔などしていない。

 皇帝も貴族も私を裏切ったのだ、私が国を捨てても心は痛まない。
 皇太后陛下セレナーデ様が、死ぬ直前に手渡された手紙に、あんな衝撃的な内容が書いてあったのは………。

 どうやって、ブランデルがあのような強力なおぞましい呪具を、作らせることが出来たのかという謎がわかってしまったのだった………。






「悪役令嬢は婚約破棄されて覚醒する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く