双剣使いの暗殺者

sho

邪魔なスキル

ゴブリン退治が終わり、スキルの副作用で数日間身体に激痛が走って動けずにいたが、やっと動けるようになった。


「復讐者、このスキル身体能力をあげるの絶対値をあげるんじゃなくて、無理矢理身体能力のあげてるのか」

自分の能力以上野スペックを出して、しかもそれを理性なしの激情状態で出してるわけだがら身体に負荷がかかるわけか。


「スキルを使った時のあのドス黒い感情思い出しただけで、寒気が止まらない」


感情が黒い何かに飲み込まれていくあの感じ、普通なら二度と使いたくないスキル
なんだが。


「あの時も、オートで勝手に発動したんだによな」


発動条件をしっかりと見極めないとまた、飲み込まれる。


クエストとは関係なく、モンスターの多く出没する森で実験をしてみることにした。


モンスターにわざと攻撃を受けてみたり、怒りとか憎悪が沸くようなことをされてみたが、何も起きなかった。


「発動しなくて、正直ほっとしてるんだけど」


発動条件、てっきり僕が怒る事だと思ったんだけどな。


「当てが外れた」

元々、一人で行動してるけど今後は他の冒険者との共同クエストは避けないとな。


あの時は、白鉄達は先に逃がしてだから良かったけど。

あの時、近くに人が居たら自分の手でその人を殺してしまっていたかもしれない。

ほんと。邪魔なスキルこの上ないが。

「このスキルは、復讐の役に立つ」

「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く