双剣使いの暗殺者

sho

完治

「さてと、」

傷も治り冒険者として活動してを開始する際、ギルドからアースドラゴン討伐の報酬や上級冒険者である事を示す証明書のようなカードを貰った。

「特別報酬があるって言っても金は有限だし」

クエストボードで丁度いいものを探していると、

「ユート、傷治ったんだ?」

背後から、声かけられ少し驚くと、

「うわぁっ」

「そんなに、驚かれると少し傷付きますよ」

「ジャンヌさん」

「えっと、先に言っておくと僕はあのローブの奴らと関わる気は…」


「知ってますよ、私にも目的があったように、貴方にも目的がある」

「だから、声をかけた理由はこの子達のこと」


そう言うと、2匹の狼を僕に引き渡す。

「あ、黒鉄に白鉄」

「クゥーン」

「2匹とも、貴方のことを心配してたのよ」


「そっか、ありがとね」


そう言いながら2匹の頭を撫でる。


「で、今何やってたの?」

「クエスト探し、だけど」


「あれ、でも特別報酬があるだし治ったばっかりで無茶することないんじゃないのかな」

うわぁ、ど正論。

「いやまぁ、一応」

「複数の敵と同時に闘ったりとかはあんまりなかったのでそう言った場合の練習がてら」

「ゴブリン退治でも行ってきます」

「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く