双剣使いの暗殺者

sho

ごく最近の昔話

「ドラゴンはおろか他のモンスターの反応すらない」

気配探知の範囲がどの程度なのか、まだ詳しく理解していないそれでも、森におるのに生物の反応がないのはどうゆうことなんだ。

「それって、本当なの?」

「はい」

「そんな筈ない。私はこの村の姿を故郷で見たの、アースドラゴンはこの森の中に居るはずよ」

ジャンヌさんが強張らせた顔で取り乱す。

「落ち着いてください。この場合考えられるのは2つ」

「1つ目は僕の気配探知の範囲内の生物を食べ尽くしたから、縄張りを拡げた」


「これなら、気配探知に生物の反応がないのに説明がつく」
  

「2つ目は?」

「可能性はかなり低いですけど、他の冒険者が既に討伐したか」

「その可能性は、低いわね。それなら、調査の依頼が私に来るわけがない」

「なら少し、森の探査範囲を広げますか?」

「それしか、方法はないようね」

「はい」

「でも、今日はもう日が落ちてきて暗いですし」

「そうね」

少し不満げな顔おみせた後、首を縦に振った。


その後、貼り付いていた根をを双剣で切り、 村人達を埋葬した。

埋葬をすませると、夕飯にした。

少しの間沈黙が続いたあと、ジャンヌさんから、質問が飛んできた。

「あなたは、何でこんなふざけたことに付き合ってくれるの?」


「・・・・・」


 「僕の双剣父の形見って言いましたよね」


「僕の村は新種のモンスターに殺されたんです」

「いえ、正確に言えば父はモンスターに勝っていたはずなんですよ」

「はす?」

「モンスターと戦っていた父に魔法による攻撃をした奴がいるんです。その後モンスターに食べられて死んだんです」


「何でこんなことについ合うのかって聞きましたね」

「僕は、貴方と同じ『復讐者』何ですよ」




「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く