双剣使いの暗殺者

sho

種明かし

水魔法は支援と攻撃の両方ができるバランスのいい属性だけど、水魔法で姿を消すなんて聞いたことがない。

「一体どうやったの?」

「えっと、自分の周りに水蒸気の膜を作って、光を屈折させたんですよ」

いくら、スキルで魔法技術が上がってるからって、

「もちろんそんなに長い時間は発動できないですけど」

「維持するのに、MP使いますし」

元々MPがすくないし、MPはこんな小細工より、攻撃魔法にMPは割きたいし。


「でも、君の気配隠蔽と合わせたらかなり使えますよね」

「でも、今回も敵はドラゴンですし匂いでバレちゃうと思いますけど」

確かに 

「それはそうと、ゴブリンの右耳をきりとっておいて、ギルドに渡せば討伐報酬が貰えるから」

「わかりました」

そこから何度かモンスターの襲撃を受けながらも先に進む。

「この森の街道ぬけると、大きな川があるのその川を渡ると目的地のドルイドの森よ」


少しすると、確かに大きい川が

「どこかに馬を預けた方がいいじゃ?」

確かに、このまま連れて行って死んだりしたら困るし、


「それなら、エルフの村が近くにあるから、そこに預けてから先にある進めとしましょう」



「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く