双剣使いの暗殺者

sho

再戦

「馬ならどのくらいで着くんですか?」

「ここから2日くらいで着くんだけど。2人で1頭に乗ってるから3日目の昼には着くんじゃないかしら」

後2日、出来るだけその期間の間にレベルをあげなくちゃ。


「森に入るから、枝に気おつけてね」

「この森を抜けた後、亜人が暮らす街があるの。そこを、過ぎた所にドルイドの森があるわ」

「すいません、出来るだけモンスターの出るルートを通ってもらっていいですか?」

「どうしてかしら?」

「もし、アースドラゴンが存在したとしてレベル10のままじゃ少し不安なんです」

「正論ね。けど、この森で出てくるモンスターは精々フレイムブルくらいよ」

また、アイツか。

    でも、丁度いいスキルと魔法無しの今の自分の力が良く測れる。

ガサッ

「来たわよ!」

前を見るとフレイムブルの姿が見えた。
すぐに馬の背に立ち。

「うおおおお」

フレイムブルに向かって跳んだ。

一撃で決める。

グサッ

眉間に双剣が刺さる。

「よし」

「油断しないでまだまだいるみたいよ」

「え?」

ぞろぞろとフレイムブルが出てきた。

「手、貸そうか」

「冗談。僕が倒す」

レベル10の僕には、何匹居ようと大した敵じゃないのかもしれない。
けれど、自分の成長を感じることができる。
1匹1匹倒すたびに自分の成長を感じる。


「お前で、ラストだ」

グサ

大した苦労もなく倒した。

「何匹倒してもレベルは上がりそうに無いわね」

「うぐ、確かに」

要するにここで戦うのはレベルの無駄になるわけだ。

「すいません。先を急ぎましょう」

「そうね」




「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く