双剣使いの暗殺者

sho

魔法

魔法の練習ということで街から外れ、森の方へ向かった。

「それでルーグ君貴方の魔法属性は何なのかな」

「水と闇ですけど」

「MPはどのくらいあるの」

「96ですけど」

「すこし低いね」

「低いんですか?」

「レベル10なら400くらいはあるはずなんだけど」

たしかに低いな僕のMP。
あっそういえば何かスキルがあったな。

「あの、魔法技能(上)って使えませんか」

「それ凄いスキルですよ。少しのMPで無詠唱で複雑な魔法を使えるスキルだよ」

「無詠唱ってすごいんですか」

魔法なんて使ったことがないからよく分からないけど。

「威力のない魔法の場合はさして凄くないけど、威力の高い魔法を使おうとするとどうしても詠唱が必要になってくるの」

「つまり貴方のスキルは対魔法戦においてかなりのアドバンテージを持っているのよ」
なるほど、特に魔力量の少ない僕には打って付けってわけか。

「結局、魔法ってどうすれば使えるんですか」

「基本的には、自分の魔力がどうゆうふうに変化するか明確にイメージするだけでいいは、そのイメージをより鮮明にするのが詠唱の役目だし」

「なるぼど」
イメージか。

「水の槍」

バッチャーン

えっ、水が出てきただけ。

「まぁ、最初はそんなものですよ」

「そういえば、スキルってどう使うんですか?」

「物によるけど基本的には任意で発動すわよ」

「任意?」

「簡単にいえば、自分で発動するって思うだけでいいって事」  

なるほど、魔法技能(上)発動

「水の槍」

シュン

「あ、できた」

いくらなんでもそんな簡単魔法って使えるわけないんだけど。


いやそれより、
「威力がおかしい ︎」

木を10本くらい貫通してんだけど。あんな簡単な詠唱で。


この子ならもしかしたら、

「ねぇ、私とパーティ組まない」



「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く