双剣使いの暗殺者

sho

金髪のエルフ

登録完了と言われ渡された紙には。

  〜ステータス〜
名前ルーグ・バルト      年齢16歳
職業 暗殺者        
魔法適正  闇魔法    水魔法
スキル 気配察知  気配隠蔽  千里眼
            魔法技能(上) 
固有スキル  復讐者

レベル10
HP502/502      MP96/96

うん?

「ちょっとすいませんこれレベルおかしくないですか」
「えっ、今確認します」
「えーー、冒険者になってすぐレベル10なんでそんなことあるはずないのに」
「何か思い当たる事ありませんかルーグさん」
「そういえば先日」
アーニャさんにフレイムブルの時の事を、話した。
そしたら、すごい呆れた顔で
「馬鹿ですか」
グサッ
ストレートに言われると流石に心に刺さる。
「それでも、フレイムブルはレベル3クラスのモンスターですよ。いくらなんでも一気にレベル10になるはずないんですけど」
「あの〜すいません」
頭を抱えて考え込んでいるアーニャさんを無視して質問をする。
「それで、最近フレイムブルの討伐受けた冒険者で金髪のエルフの人いますか」
「いますがどうしてですか。明確な理由を述べてもらわないと困ります」

「命を助けられたのでお礼を言いたいんです」
「わかりました。今本人がギルドにいるので確認を取り次第お会いしてもらいます」
そういうとアーニャさんはギルドの応接室に入っていった。
少し時間が経った後、アーニャさんが出てきた。
「あの部屋にいらっしゃるのでどうぞ」
そういはれ部屋に入るとそこには美しい銀髪のエルフがいた。

「始めました。ルーグ・バルトです。この度は命を救っていただきありがとうございます」
取り敢えずお礼を言ったそしたら
バチン ︎
頬を叩かれた
「なっ」
「貴方命をなんだと思ってるんですか」
怒られた。
「すいません。でも、あの村の人達を助けたくて」
「あなたが死んだら意味ないでしょう」
「僕の村もモンスターに襲われて半壊したんです。だからほっとけなくて」
そういうと、エルフは渋い顔した後に
はぁ〜っと溜め息をついて
「もういいです。わたし自身、貴方のした事を全て否定する気にはなれないので」
「改めまして、ジャンヌ・ベールと申します」
「ジャンヌさんこれ」
取り敢えず僕はヴレッドさんから貰った。フレイムブルの討伐報酬を渡す。
「これは貴方のものです」
「でも僕は、依頼を受けていたわけでもないですし」
「村の人達の気持ちです。素直に受け取っておきなさい」
正直、このお金を受け取るには凄い罪悪感があるので辛い。

そうだ。

「じゃあわかりました。ではおのお金をつかって貴方に依頼があります」
「依頼?」
ジャンヌさんが首をかしげると
「冒険者になったばっかりで魔法の使い方がイマイチよくわからないんです。教えてもらっていいですか」
意地でもお金は受け取らないきかしょうがない
「わかった。その依頼請け負います」

「双剣使いの暗殺者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く