紙飛行機

かたりあさ

VSセルバレイ編(決着)

ラスクはヘルを睨みつけた…
「…私にかかってくるのか?」
「そうでもしないと…あんた…止まんないだろ」
「…ええそうね…私は桜木を主の所へ届けないといけないから…君たちは邪魔なのだけれど…」
…ラスクは少し考え…
「桜木…アルを見とけ」
「…え?あ、うん」
…ラスクは剣を抜き…ヘルは鎌を構えた
だが…ヘルは鎌を構えながら泣いていた…
まるで…無理やりのような…
「…なぁ…ヘル…お前…無理やりやらされてないか…?」
ラスクが聞いた…ヘルは黙り…泣くのをやめた…そして…5分が立ち…ようやく頷いた…
「…それは誰だ…?」
…しかし、ヘルはこれには答えれなかった…
「…はぁ、仕方ねぇな…お前に1度だけチャンスをやる…お前を…昔のお前に合わせてやる…そこで忠告をしろ…そしたら…お前を許してやる…俺も…お前とは戦いたくない…」
ヘルは考えた…だけど…これはWinWinだった…ヘルは小さく…
「…やる」
と答えた

「紙飛行機」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く