紙飛行機

かたりあさ

決断

でも…この人について行っていいのだろうか…何か裏があるんじゃないか…それだけが気がかりであった…戻るなら…今しかない…この今を取り逃すと…次はない
「どうした?はやくついてこい」
…決断の時だ…
→逃げる  ついて行く

…その時…翔斗は気づいた…逃げ道なんて…ないということを…
だって僕は車に引かれたじゃないか…死んでいるはずじゃないか…なのに…なんでここにいるんだ…?

一方…現実で
「ダメです!血が止まりません!」
「諦めてどうする!まだだ!そのまま止血していけ!」
「AED用意!この人はまだ死んではいない!まだ間に合う!早く持ってきて!」
「何故心臓が止まっているのに呼吸が出来ているんだ!おかしすぎる!」
異世界は…まだまだ続きそうです…

「紙飛行機」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く