紙飛行機

かたりあさ

異世界

意識のないままの翔斗はずっと死んだと思っていた
「おい。起きろよおい!」
「え!?う、うわぁ!?誰!?」
どこに飛ばされたかも分からず、車にはねられ死んだとずっと思っていた。
「死んだんじゃ…」
「何言ってんだよ…こいつ…とうとうイカれたか?」
現実か夢かも分からず、考えている時に、1つ質問をしたかった
「ここは、どこ?」
「はぁ?」
(悪いこと言ったかな…)
もう一度聞くと答えてくれるんじゃないかと思い。もう一度聞く。
「ここは、どこ?」
「…お前、マジで変わってんな。あーもう!わかったよ!ここはイグニスという1番でかい街だ!」
(え…?)
翔斗のいた所は日本…
「日本じゃ…ない!?」

「紙飛行機」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く