紙飛行機

かたりあさ

望み

買いもんが終わり、外に出てきた。
(さてと…買いもんがすんだ…あとは家に帰るだけか…中で色々考えてしまって…時間を使ってしまったからな)
その時間…ざっと数えて10分ほどですよ主人公さん…
信号機が青に変わり…歩き出した時…
「おい!危ないぞ!」
(何言ってるんだ…今は青信号だぞ…)
と、思っていたが…その男の行ったことが正解だということを知らなかった
横で信号無視をした車が通った事を翔斗は気づいていなかった…。跳ねられた…翔斗が気づくことなく跳ねられた…
(…嘘…だろ…)そこで意識が途切れた
天界に行く…きっと行ける…そう願った…
「さてと…この子は気づくことないだろうね…死んだら何処に行くのかを…」
「えぇ…気づきはしないでしょう…」
この2人の正体を、翔斗は知る由もなかった

「紙飛行機」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く