異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜

guju

五龍会

その後、オーナーのラルアが騒ぎを聞きつけてやって来た。
客に暴力を奮ったのかと責めらてたのだが、見ていた他の客が先に手を出したのは相手だと主張してくれたおかげもあり、音沙汰なしとなった。

それどころか、店の評判を上げる対応になりうるものであると褒められた次第だ。
その日に出された飯が、少しばかり量が多く見えたのは何か関係しているのだろうか。


――――


翌朝、目が覚めた俺は仕事の為に店に顔を出した。

「あら、おはよう。今日はどうしたの? 」
「どうしたって、仕事だろ? 」
「あら、今日もやってくれるの? ありがたいわ」
「しなくていいのか? 」
「いやいや、やってもらうわ」

ラルアは機嫌よくバックヤードに向かうと、昨日と同じ制服を持ってきた。

「さぁ、今日もよろしくね」

俺は、頷いて彼女から制服を受け取った。
今日はホールに他の女性がいる為、バックヤードの更衣室で服を着替えた。

昨日と同じく、店の掃除をしていると店の扉が開いた。

「おう、邪魔するで」

赤髪をオールバックにして、数十名を引き連れた男が店の中に入ってきた。

開店前に突如現れたその男達に、店中の視線が集まった。

誰も対応したくないのだろう、誰ひとりとして動かない。
視線はいずれ、その時たまたま近くにいた別のスタッフに集まり、いやいやそうながらも対応をした。

「申し訳ございません。開店時間では無いのですが」
「あぁ、知っとる知っとる。今日はちょいと用があって来ただけや」
「用? 」
「あぁ、ここのオーナー出してくれや」
「オ、オーナーですか? 」

あたふたとする男。そこに、一人の女の子絵が響いた。

「何? 私がこの店のオーナーだけど」

「異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く