異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜

guju

五龍会

「じゃあ、今日は自由にしてて。明日から、うちの店を手伝って貰うから」
「店を手伝う? 」
「そうよ……って貴方、商売人の私が何も無く帰すと思った? しっかり、稼いでもらうわよ」

本来ならこんなもの断ってしまいたいが、助けて貰った義理もある。それに、このままこの世界に放り出されるより、ここで色々とこの世界のことを知るべきだと思い、勿論と了承した。

「じゃあ、明日から宜しくね」

手を振りながら部屋を出る彼女。
俺はそれを見送り、この街を見てみようと思い裏口から外に出た。

「とりあえず、見て回るか」

目に入る様々な新鮮な光景に、現実を強く突きつけられながらも、もう既に仕方が無いと割り切っていた俺は、特に何がある訳でもなくゆっくりと歩いていた。

数分歩いた時、だんだんと人が多くなる。


ーードン


人が多いせいか、前からくる男達のひとりと肩がぶつかった。
肩がぶつかった程度なんでもないだろうと、人混みに流れて歩いていたら誰かに肩を掴まれた。

「おいおい、兄ちゃん。肩、ぶつかったんだけど」
「あぁ、悪かったな」

細かいヤツらだと思いつつも、事を荒立てるのも面倒なので素直に謝罪を口にして、その場を立ち去ろうとした。
だが、男に腕を掴まれて阻まれた。

「人にぶつかっといて更には、無視したのに謝罪だけで済ませるのか? 」
「ほんとだぜ、謝罪だけじゃダメだろうよ」

後ろにいた男の仲間が肩に手をかける。

「なら、どうすればいい? 」
「決まってんだろ? 金だよ、有り金全部置いて行け。したら許してやんからよ」
「生憎だが……俺は今一文無しでな」
「はっ! 見え透いた嘘を」

「まぁまて。無いなら仕方ない、腕の1本で許してやろうや」

ニタニタと笑う男達に絡まれる俺。
人通りの多いところで野次馬が出ないわけがない。

「ハッ」
「何がおかしい? 」
「いや、なぁ……」
「んだよ! 」

まぁ、この状況でやり返さない訳には行かないが……。
来てそうそう面倒事とはつくづく運がない。いや、この世界のヤツらと闘えるチャンスがあるのだ、逆に運がいいのだろうか。

だが、こちらから手を出せば更なる面倒が舞い降りるかもしれないし……。

「人の形をした豚肉が吠えるものだと思ってな」

鼻で笑いながらそう煽れば、男達はみるみると顔を赤くする。

「テメェ、いい度胸じゃねぇか! 覚悟しろやぁ! 」

男は、胸ぐらを掴んでいない右手で俺の顔面を殴る。
だが、その拳はふり抜くことが出来ない。
何故なら、俺の頬で拳が止まっているからだ。

「弱い」
「なっ!? 」
「なんだその腑抜けた拳は……だがまぁ、1発は1発だよな? 」

俺は思わず笑みを零す。

「行くぞ」

掴まれた胸ぐらを強引に力任せに外して、そのままハイキックを顔面に直撃させる。
殆ど距離がない中放たれた蹴りであるのにも関わらず、その蹴りは男の歯を何本もへし折った。

男は、顔を壁に強打し意識を失った。

「おい豚、まだやるか? 」

少し離れて、口を大きく開けて見ていた男の顔を睨みつけて言えば、深々と頭を下げて、気絶している男を担ぎあげて早々とその場から逃げていった。

そして、見ていた野次馬からは大きな歓声とともに、幾分かの金まで渡してくるものまでいた。



「異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く