異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜

guju

一章 五龍会

「うっ……」

眩しい明かりに照らされ、俺は目を開ける。

試合に負けたのか?  

あの試合で何があったのだろうか。勝ちを確信したその時に、カウンターでも飛んできたのだろうか。

そんなことを考えて身体をゆっくりと起こす。
だが、どこにも痛みがない。
試合で負けたことは無いが、幾度となく怪我はしてきた。
その度、試合後に感じる痛みが全くない。

不思議な状態に辺りを見回す。

「なんだここは……?」

部屋には特に何も無く殺風景。
地下なのに木で囲まれている変な部屋で、ベッドがやけにふかふかとしている。

「あら、目を覚ましたのね」

聞きなれない声に、その方向へ顔をむける。
少し日焼けした小麦色の肌に、アルプスの少女が着ていそうな服を着た茶色の髪の女が、桶を抱えていた。

「あんたは? ……ってか、ここは? 」
「あら、覚えてないの? 貴方、店の前に倒れていたのよ? 」
「そうか……」

覚えが全くないが、嘘を言っているようにも見えない。これ以上の詮索は相手に妙な不信感を与えると思い、それ以降は何も聞かなかった。

「まぁ、目が覚めたのならそれでいいわ。ここにお湯とタオルを置いておくから、身体を拭きなさい。それと、着替えはそこのクローゼットに入ってるから好きなのに着替えて」

頭が混乱している中、忙しいのだろうか早口で言う彼女の言葉にただ返事をし、取り敢えずはそれに従った。

「それにしても、ここはどこなんだ? 今の時代こんな桶に湯を入れて身体を拭くなんて……それにこの服」

肌触りの悪いその服を手に取る。
ただ黒く、柄も何も無いそのシャツに大きく溜息をつく。

「まさかとは思うけど……異世界か」

それ以外考えられない。
これが、日常ならばこれはもしかすればドッキリなのかと考える余地もあったのだろうが、なんと言っても100連勝を賭けた大切な試合だ。そんなことは考えにくい。

「どうしたもんか」

仕方が無いと、頭を悩ませながらも用意された服に着替える。

「ねぇ! そろそろいいかな? 」

扉の奥から聞こえる先程の女性の声に、既に準備を終えていた俺は問題ないと返事を返す。

扉が開き、彼女が入ってくる。

「サイズ、ピッタリじゃない」
「そうだな」
「で、貴方名前は? 」
「俺か……俺はシキだ」
「シキ君ね。私は、ラルアよろしく」

右手を出す彼女の手を握り返す。どうやら、この世界にも握手の文化はあるようだ。


「異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く