異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜

guju

プロローグ 異世界へ

目の前には大きなリングがある。
その先から感じる人々の熱気は、凄まじいものだ。

(ここへ来て2年……いよいよこの日がやってきた)

大きなライトから眩しいほどの光をあてられ、俺はリングへと上がる。

「王者は! 今宵、弱冠18歳にして勝てば初の100連勝を達成するこの男! オォォン・ザ・ヘェェッド! 相手を寄せつけず、圧倒的力でねじ伏せる! 東京が産んだ狂鬼、シィィィィキィィィ! 」

「「「ウォォォオオオ! 」」」

観客達の大きな歓声を浴びながら、俺は右拳を大きくかざし、リングへと登る。

「そして今宵、狂える鬼に立ち向かうのはこの男! オォォン・ザ・テェェイル!  鋼の拳は、骨をも砕く! 破壊王、リュゥゥゥガァァァ! 」

「「「ウォォォオオオ! 」」」

先程にも引けを取らない歓声は、俺の脳を揺らさんばかりに響く。
目の前の相手は、拳を鳴らしながら俺を睨みつける。

「四鬼! この日を待っていたぞ。お前を潰す、この日をな! 」
「ぬかせ、お前が俺を潰すだと? 寝言は寝て言え」
「クソが! 俺の力、思い知らせてやる! 」

龍我が構えたのを見て、俺も構えをとる。
そして今、コングが鳴った。

「うらァァ! 」

声を上げながら、その鋼の拳は俺を目がけて飛んでくる。
だが、当たらなければ意味は無い。冷静に横にズレて躱すと、相手の勢いを利用して右ストレートを相手の顔にぶち込む。

相手は、予測していたが身体が追いつかなかったのだろう。体制を崩しながらもなんとか避ける。

「まだまだじゃねぇか! 」

俺はすかさず、体制を崩しがら空きになった胴体に回し蹴りを喰らわせる。


ーーボキッ
「ガハァッ! 」

骨が折れる嫌な音が耳に入る。
龍我は、体をくの字に曲げて肺に溜まった空気を押し出しながら蹲っている。

「これで、終わりだっ! 」

勝利を確信した俺は、蹲る龍我の顔面目がけて拳を突き上げる。

(決まった! これで、100連勝……)

そう思った時、突如として俺は意識を失った。








新作です。

絶対神、神王が軌道に乗ってきたので、そろそろ頃合かと考えて4作目を出します。

フォロー、グッドボタン、お願いします!

「異世界に転移しちゃったよ〜鬼の力で異世界無双〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く