メイドと動物たちと暮らす異世界生活

ノベルバユーザー316800

初めての動物

 朝起きて外の空気を吸おうと玄関扉を開くと、白い狼が倒れてた。
 「えっと、どうすれば?倒れていし、、、でもケガはないみたいだし、、そうだ、こういうときはスミレに聞こう。」
 僕はスミレを呼んだ。
 「スミレ?この子大丈夫かな?」
 スミレは、狼を持ち上げた。
 「大丈夫ですよ、ご主人様。ただ、魔力が切れて寝ているだけです。ポーションでも飲まして寝れば元気になります。」
 僕たちは、狼を治療した。

次の日
 ペロペロ
 「な、なんだ?」
 ペロペロ
 僕は目を開けるとそこには、助けた狼がいた。
 「あらら、こちらにいらしましたか。」
 部屋に入ってきたスミレは、クスクス笑いながらそう言った。
 僕と狼は、リビングに行きスミレの作ってくれた朝ごはんを食べた。
 「ねえねえ、スミレこの子の事をおしえてくれない?」
 僕の膝に丸まっている狼を撫でた。
 「はい、その子はスノーウルフの子供だと思います。親とも離れたみたいですし、家で飼ってみたらどうでしょうか?」
 また、狼を撫でると指をペロペロした。
「名前はどうしようかな?」

「メイドと動物たちと暮らす異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く