メイドと動物たちと暮らす異世界生活

ノベルバユーザー316800

名前

 目を開けると回りは木だらけで、家が一つポツンとあった。
 「そういば君の名前は?」
 横にいたメイドに僕は聞いた。
「私の名ですか?」
「うん」
「私には名はありません。名前が必要でしたら、ご主人様がつけてはもらえませんから?」
 名前なんてつけたことないし、、、どうやってつけるんだろ?
「名前、名前、、、見たところ大人でかっこいいから、スミレなんてだめかな?」
 僕がそう言うとスミレは一礼をした。
「わかりました。私はこれからスミレとなのります。あと、ご主人様が私をどう見てるかわかりました。」
「いや、だって大人な感じかしたから、、、」
「それは私がご主人様より背が高いからではないですか?私は165cmですが見たところご主人様は、155cmくらいかと。」
 そんな話をして僕たちは家に入った。
 家の中は外からみたより広かった。
「そとから見たより中が広いのは何で?」
「はい、この家は外とは別の空間にありましてとても多くの部屋があります。」
 僕はスミレと部屋を見て回った。
 食料庫、薬部屋や、リビング、お風呂色々あった。
 グー
 僕のお腹がなった。
「可愛らしい時計ですね?ご主人様。もうそろそろご飯を用意しますので座って待っててください。」
 座って待っていると、スミレはご飯を持ってきてくれた。
「あれ?スミレのは?」
 持ってきてくれたのは、僕のだけだった。
「私はご主人様が食べてから食べます。」
「え?ご飯は2人で食べよう。そうした方が僕は嬉しいな。」
 僕がそういうとスミレは後ろを向いて、
「ハイ」っといった。

「メイドと動物たちと暮らす異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く