メイドと動物たちと暮らす異世界生活

ノベルバユーザー316800

僕は死んで、異世界に来ました。

「ごめんなさい。私が落とした水晶玉があなたの頭に落ちてあなたはなくなってしまったの。」




 目を開けるとそこは雲の上だった。
 辺りを見渡していると、目の前にいきなり亀裂が入りそこから女性が出てきた。
「こ、こんにちわ」
 女性はたどたどしく挨拶をした。
「私は女神 カレンデゥラ といいます。ごめんなさい。私が落とした水晶玉があなたの頭に落ちてあなたはなくなってしまったの。」
 女神は頭を下げてきた。
「それでですね?あなたを生き返らしたいのですが色々な制約がありまして、、、元の世界には返せないので違う世界にいってもらいのですが、、、」
  女神は申し訳なさそうにまた頭を下げてきた。
 「あの、すみません。違う世界に行くのはいいんですが、僕はそこで何をすればよろしいのですか?」
「あ、はい。あなたの夢を叶えるようなスキルを渡すのでそれでゆっくり生活をしてください。」
 僕の夢、、、 ああそういえば、動物をかいたかったけど元の世界ではマンション暮らしだったからかえなかったなぁ。
「女神様、あっちの世界では動物とかいますか?」
「あ、はい。一様います。」
 あ、いるんだ。なら、、、
「あっちの世界で動物たちと仲良く暮らしたいです。」
「わかりました。なら動物関連のスキルとあなたの生活や護衛をしてくれるこのメイドをあげます。」
 そういうと、女神様の後ろから一人のメイドが出てきた。
「これからよろしくおねがいします。」
 メイドは一礼をした。
「では、そろそろ新しい世界に飛ばしたいと思います。楽しい生活をすることを願っています。」

 そして新しい世界に僕は旅立った。

「メイドと動物たちと暮らす異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く