獣耳男子と恋人契約

花宵

25、拒絶

「美希……」


 生理的な涙が一筋、瞳からこぼれていくのを感じた。


「桜! 気が付いたんだね! 良かった! 大丈夫? 僕の事分かる?」

「コラ、コハク。そんなに一気に聞いたって分かるわけねぇだろ。男ならちったぁ黙ってろ」

「だって桜が!」

「はいはい、ちょっとそこに座ってろ。カーテン開けんなよ」


 バシャン! と、勢いよくカーテンが閉められる音がした。


「大丈夫か?」


 橘先生が心配そうな顔で尋ねてくる。


「ここは……私は一体……」

「ここは保健室だ。お前さんは意識を失ってここに運ばれてきた」


 そっか、私……桃井に呼び出されて、それで……コハクに過去がバレたんだ。


「身体に違和感あったりしないか? あるなら今から病院に連れてくが……」

「大丈夫です! 歩いて帰れます!」


 身体が丈夫なだけが取り柄の私が病院になんて連れていかれたら、それこそ家族がびっくりする。

 物騒な橘先生の提案を私は全力で否定した。


「それならコハク、一条を送ってやれ」


 橘先生の『コハク』という言葉に、私の身体がビクリと大きく震える。

 どんな顔で彼に会えばいいのか、分からない。

 しかし、私の不安は「さーくーらー!」と叫びながら思いっきり抱きついてきて、頭に頬擦りしている人物によってかき消された。


「目を覚まさなかったらどうしようって、ずっと心配してたんだよ」


 そう言って、コハクは私を抱き締める力を更に強めた、強め過ぎた。


「コハク……苦しいよ」

「あ、ごめん桜。嬉しくってつい……」


 物理的に押し潰された私の身体は、とりあえず空気を求めていた。


「帰ろう、送っていくから」


 そう言ってコハクはいつも通り手を差し出してくる。


「うん、ありがとう」


 私は戸惑いながらその手をとった。するとコハクは私の震える手を、ギュッと握り返して微笑んでくれた。

 いつもの事がこんなに嬉しく感じたのは初めてだった。だけどそれと同時に、その優しさが今はとても辛く感じた。


 優しい人ほど、私の傍に居てはいけない。

 私は人の気持ちに鈍感だ。

 そのせいで、美希が辛い目に遭っているのに気付いてあげられなかった。


 もし、コハクまで美希のようになってしまったら……想像しただけで、胸が押し潰されそうだった。


 私はコハクの傍に居てはダメなんだ。

 同じ事を繰り返してはいけないと、心が警鐘を鳴らしている。


「気ぃつけて帰れよ」

「はい、ありがとうございました」


 橘先生に見送られながら学園を後にするも、その事がずっと心にもやもやとして引っ掛かっていた。

 人気の少ない住宅街を歩いていると、繋いだ手に力を込めてコハクが突然立ち止まった。


「桜……桃井さんが言っていた事、僕は信じてないからね」

「コハク……でも、全部本当の事なんだよ。私は親友を見殺しにした薄情な人間なんだ」


 友達を作る資格も、ましてや恋人を作る資格さえも私には無かったんだ。


「桃井さんは、結果だけしか言わなかった。例え客観的に見た結果がそうだとしても、僕はその過程を知らない。だから、その結果は信じない。一人で抱え込まないで、桜には僕が付いているから」

「コハク……」


 なんて真っ直ぐで、素直で、そして優しい人なんだろう。

 どうして、私は美希にそんな優しい言葉をかけてあげられなかったのだろう。

 コハクが大切な人だと思うなら尚更、私はこの人の一番近くで寄り添ってはいけない。


「ごめん、今はその優しさがとても辛いよ。だから……私にはもう近寄らないで」


 握られた手を無理矢理振りほどいて、私は駆け出した。


「待って、桜!」


 後ろからコハクの悲痛な叫びが聞こえた。

 だけど、振り返るわけにはいかない。


 さようなら、コハク。

 私の一番大切な人。

「獣耳男子と恋人契約」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く