ブラッド・トリガーライフ

ルルザムート

第2話 part2 狼の怒り

コンテナ置き場 北部入り口


ガルシア「よし…集まったな?そこと…そこの3:2で隊を分ける、それぞれ左右から回り込むようにしてエレナを探しつつ北端を目指せ、奴を見つけたら連絡し、見つからなくとも北端に着いた時点で連絡を入れろ…行け」
集まった団員達に指示を出してコンテナ置き場北端に向かわせたのち、右腕の義手の整備を始めるボス

男性団員2「ゼイロさん、俺は…」
ガルシア「お前はジェルフこいつの見張りだ、少しでもおかしな動きを見せたら殺せ」
男性団員2「なっ…!?」
ジェルフ「…」

もはや躊躇いなく、明確に俺の始末を部下に命令するボス、もちろん命令を受けた団員も動揺している
男性団員2「ま、待って下さい!何故です!?何故ジェルフさんを!?第一そんなことをしてボスがなんて言うかーーー」
ガルシア「ボスの指示だ」
男性団員2「…!?し、しかしーーー」

食い下がる団員にボスはため息混じりに手をかざして言葉を遮る
ガルシア「分かった、俺が見張る…双眼鏡を貸すからお前はエレナを探せ」
男性団員2「はい…」

団員に双眼鏡を渡し、対物ライフルの銃口を俺に向けるボス
ガルシア「そういうことだ、しばらく大人しくしていろ」
ジェルフ「…」

ボスは銃を突きつけながら『今すぐにでも殺したい』という感情がこもった左目で俺を見ている…
…!
その目に耐えられず、俺はただただボスの右目に掛けられた眼帯を凝視することしか出来なかった。
見たくないのなら顔を逸らせばよかったのだがその瞬間は…顔を動かしただけでも殺されると俺の本能が告げていたんだ

ジェルフ「…」
ガルシア「…」

ピリリッ、リリリッ
ガルシア「俺だ」

ボスの端末が唐突に鳴り、数秒とも数十分とも感じられた時間が一旦終わりを告げる
端末「報告です、目標の捜索ですが我々が北端に到達するまでに目標を発見できませんでした、指示を下さい」
ジェルフ「…!」

ひとまずエレナ君が見つかっていないことを知り安堵する、というのも俺にはエレナ君がウルフルズの団員達を皆殺しにしたとはどうにも思えないからだ
ガルシア「ほっとしたって顔だな?ジェルフ…いやなんでもない…こっちの話だ、そのまま元来た道を使って戻ってこい、行きと同じく周囲の警戒を怠るなよ」

ジェルフ「…」
一瞬殺意を込めた目で俺を睨みつけた後端末越しに指示を出すボスーーーその時だった
男性団員2「ゼイロさん!」
突然声を上げた団員に俺もボスもそっちを向く

ガルシア「どうした?」
男性団員2「あそこを見て下さい!」
そう言う団員にガルシアは俺からライフルの銃口を外し、団員が指差す方向をライフルのスコープで見る…

なんだ?何を見ているんだ2人は?…!あれは!
目を凝らし、2人の見ている方向…コンテナ置き場中央を見る
ジェルフ「!」
遠目で、しかもコンテナの陰だから見づらいがあれは…

エレナ君…!
顔が見えたわけでは無いが髪の色や服装から言って間違いない
…?なんだ?エレナ君はあそこで何をしてるんだ?

ガルシア「エレナだ、間違いない…よく見つけてくれたな、そのまま捕捉しておけ…2隊に通達する」
繋がったままの端末の通信にボスは指示を出す
ガルシア「エレナを捕捉した、コンテナ置き場中央やや東だ、位置情報を送る」

手際良く端末から情報を2隊に送るボス
端末「あ…ゼイロさん、一点報告すべきことが」
ガルシア「…?どうした」
端末「いえ、多分通信機の故障だとは思うのですが俺達とは反対方向から回って行った分隊と連絡が取れなくて…」
ガルシア「なに?」

え?
男性団員2「ぜ、ゼイロさん…!」
ガルシア「通信環境に支障は無い、今も繋がっている…これはーーー」
ジェルフ「な、なんだ…?」

俺は今、遠目に見えるエレナ君を見ているが何か雰囲気がおかしい気がする、それにエレナ君を双眼鏡で見ていた団員の顔が真っ青になっている…これはーーー
男性団員2「ゼイロさんっ!」
ガルシア「…!?クソッ!お前らーーー」

ジェルフ「!?」
遠目でも確かに見えた、返り血を浴びて真っ赤になったエレナ君と…さっきから連絡が取れなくなっていた分隊の2人の首が飛ぶのをーーー
そ、そんな…エレナ君…

ガルシア「位置情報を確認し、今すぐにエレナを目視で捕捉し接近!殺せ!今すぐにッ!」
端末に怒鳴りながら対物ライフル抱えて真っ直ぐエレナがいる方へ走り出すボス
ジェルフ「っ!ボス!ダメです!」

反射的に俺はボスの腕を掴んでいた、今のボスは明らかに冷静じゃない!行かせてはダメだ…!
ガルシア「邪魔だ!」
ジェルフ「ぐはっ!」
男性団員2「…え?ボス…?」

怒りに任せたボスの回し蹴りに吹き飛ばされてしまうがそんなことは大した問題ではなかった、俺は構わずボスの足を掴み制止させる
ジェルフ「ボス、冷静になって下さい!正面から突っ込むなんて無謀すぎます!エレナ・アルコットの力は未知数な上に武器も人員も足りていない!止めにエレナ・アルコット以外の『もう1人』が付近にいる可能性もあります!ここは体制を立て直しましょう!一旦退くんです!」

ガルシア「心配しなくてもお前は後でズタズタにしてゴミにしてやる!だから邪魔をするな!」ガッ
ジェルフ「あぐっ…く…ダメです!すぐに分隊の彼らにも撤退の通達を…!」
右腕の義手で殴られ、意識が飛びかけるが気力で堪え、ボスに訴える

ガルシア「ああ、そうか…!じゃあ死ね!」
ボスは対物ライフルの銃口を素早く俺の頭に合わせ、引き金をーーー

キーン…
ガルシア「…?なんだ?」
ジェルフ「…?」
男性団員2「ゼイロさん…いえボス、何か妙な音が…」
射殺される寸前で俺を救ったのはキーンという奇妙な音だった

なんだ?この音…
ガルシア「なんだ?なんの音だ?」
俺もボスも辺りを見回すがそれらしき原因は見つからない、にもかかわらず…
男性団員2「なんだか…音が大きくなってませんか?」

音が大きくなってきている、というかこの音…
ジェルフ「空から…?」
起き上がりながら空を見上げる

特に何もーーー

キーン!
ガルシア「!?」
ジェルフ「うわっ!?」
男性団員2「ひ、飛行機!?」

炎を上げた飛行機が目の前のコンテナ置き場へと突っ込んでいき、コンテナを吹っ飛ばしていく…とほぼ同時に
端末「ザザッ、ブツッ」
通信状態にあったボスの端末の通信が切れた

ガルシア「おい無事か!おいっ!」
通信が切れている事にも気づかず端末に向けて叫ぶボス
ジェルフ「ボス…ここは危険です、退避しましょう」
ガルシア「黙ってろ…!おい!応答しろ!」

俺を一瞬睨みつけ、端末にむかって叫び続けるボス、だが次の瞬間ーーー
ジェルフ「!」

墜落した飛行機から爆音が響き、飛行機の一部がこっちに飛んでくる!
や、やばい!
ガルシア「!?」
男性団員2「っ!ボスーーッ!!!」
ドンッ!


ぐ…何が…どうなった…?今、突き飛ばされて…
ジェルフ「そ、そうだ!」
ガルシア「ぐ…おい!大丈夫か!」
ほぼ同時に俺とボスは起き上がり、辺りを見回すーーーまでもなく

男性団員2「はい!こっちは大丈夫です!それよりもお2人は…良かった、目立った外傷はありませんね」
ガルシア「ああ、助かったぞ」
どうやらこの団員が俺とボスを突き飛ばしたらしい

男性団員2「ジェルフさんが行った通りここは危険です!ここは撤退を」
ガルシア「…」
だがボスは黙って墜落した飛行機と手元の端末を交互に見るだけで何も言わない

男性団員2「ボス!」
彼が声を荒げるのとほぼ同時に、さっき飛んできた飛行機の残骸…エンジンが爆発して破片が飛び散りーーー
男性団員2「あえ…?」

ドシュッと鈍い音を立て、破片の1つが団員の首を裂いた
男性団員2「…!……あ…」
糸の切れた操り人形のように倒れ、彼は動かなくなった

ジェルフ「お、おい!」
ガルシア「…」
俺は慌てて彼の脈を確認したがーーー
ジェルフ「…」
死んでる…

ガルシア「………」コツコツ…
ジェルフ「…?ボスーーー」
ボスが無表情で墜落した飛行機の方へ1歩、2歩、3歩目を出そうとしたその瞬間、
ガルシア「…ッッッエレナアアァァ!!!」
ボスの…港全体に響きそうな怒りの声が響き渡った


第2話 part3へ続く



↓プロフィール

エレナ・アルコット
性別 女
年齢 8歳
身長 130㎝
体重 24kg
血液型 AB
髪の色 銀
目の色 赤
胸 無し
武器 ?
好きなもの ?
嫌いなもの ?

ジェルフが保護した戦闘区域に迷い込んでいた少女、彼女について分かっていることは殆どないが確かな事は彼女がギャラクシー・ウルフルズを壊滅させたことだ

「ブラッド・トリガーライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く