聖戦

ヤマネコ

第6話 宣戦布告

「皆んな、くれぐれもバレないように。」

「了解!」

兵士達は、フードを被りながら食料の調達に王都へ出かけた。

「不安だなぁ、こんなマントとフードでバレないのかな?」

「心配するな、怪しい行動をしない限りバレはしないさ。」

「それにしても、すごい数のリガーンズ兵だな。」

「おーい、そこのおじちゃん!」

「何じゃい?」

「林檎を箱買いしたいのだが。」

「何箱じゃい?」

「100個入りのを2箱。」

「ほら、持って行きな。」

「ありがとな、おじちゃん。」

とその時、強い風が吹きマントが飛んでいってしまった。

「おい、お前らはこないだ追放した 正規のラグズ王国軍じゃないか。」

「笛をならせ!、トーレス様につたえろ!」

「やばい、逃げろ!」

「くそ、逃げられた!」

「トーレス様、ただ今王都で正規のラグズ王国軍が出没したと報告が。」

「んぬぬ!奴らに宣戦布告だ!」

「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く