聖戦

ヤマネコ

第4話 追放

「これはヤバイことになって来たぞ。」

とその時、

「今の話、確かに聞きましたぞ。」

大きな柱の影からトーレス将軍と、リガーンズ兵が15人くらい出てきて、ラグベルトと国王の周りを囲んだ。

「ト、トーレス将軍。聞いていたのか。」

「はい。」

「一体何の真似じゃ!」

「国王、私は心底ガッカリです。私を信用していると思っていたのに。」

「儂こそお主にガッカリじゃ。まさかこんな男だったなんて。」

「おい、国王を地下牢にぶち込んでおけ。後で私が直々に処刑する。」

「了解!」

リガーンズ兵達は、国王を地下牢に連れて行った。

「トーレス将軍、あれはいくらなんでもやり過ぎです。」

「仕方がありませんよ、私の策略の邪魔をする者は"消す"のみなのですから。フッフッフッ。」

その時、二人のリガーンズ兵達がラグベルトの腕を掴んできた。

「おい、俺をどうするつもりだ?!」

「当然、国外追放です。」

「あんた、頭がいかれてる!」

「せっかく貴殿の罪を軽くしてやったのだ、命があるだけでも有難いと思え!連れて行け。」

「了解!」

ラグベルトは、二人のリガーンズ兵達に外へ連れ出された。

「ちきしょう!まんまとやられちまった。ん?」

城門から、80人くらいの兵士達が出てきた。

「ん?あれはグレンとサイラスではないか!」

なんと、城外へ出された兵士達はみんなグレン将校の兵士達と、サイラス将校の兵士達、そしてラグベルトの兵士達まで追い出されてしまっていたのである。

「グレン、サイラス、皆んな!」

「ラグベルト!」

「ラグベルト将軍!」

「将軍!」

「皆んな、無事か?」

「ああ、皆んな何ともない。」

「将軍こそ、大丈夫でしたか?」

「ああ、大丈夫。」


「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く