聖戦

ヤマネコ

第4話 生き残り

ラグベルト達は、天使に村の宿屋を案内された。

「ここが宿屋になります。」

「ところで、君。名は?」

「私はラミデルといいます。」

「ラミデル、案内してくれてありがとう。」

「いいえ、天使として当たり前の事をしただけです。それではこれで。バサッ!」

ラミデルは飛び立った。

ラグベルト達は、宿屋に泊まり神について話し合いをした。

「神がまだ生きているなんて、信じられん。」

「明日ラミデルが来るから、ラミデルに神殿に案内してもらおう。」

そして、朝を迎えた。

「ラグベルト様。」

「んー、ラミデルか。」

「はい。早速ですが、神が貴方がたに会いたいと申しております。」

「ああ。行こう!」

ラグベルトはサイラスやグレンを起こし、神殿に向かった。

「ドベル様、ラグベルト様が来られました。」

「ご苦労、早速だが君達には地獄に行って欲しい。」

「え?!」

「なぜなら、地獄の底で眠っている魔神が目覚めそうなのだ。だから、目覚める前にグレンとラグベルトの手で封印して欲しい。」

「なぜ僕達が?」

「儂はこの通り魔神との聖戦で神の力を使い果した。だからお前たちに頼ったのだ。」

「分かりました。」

ラグベルト達は神殿から出て行った。

「なぁラミデル、魔神との聖戦ってどんな戦いだったんだ?」

「あの聖戦は、魔神軍が天国に攻めてきて神殿に居た神々は我ら天使に魔神軍殲滅を命令された。そして我らは魔神軍と戦い、敗北した。魔神は神々を服従させ、浄らかな心を悪の心に染め上げ、神々を邪神に変身させられた。我ら天使は魔神の呪いで堕天使になった。だが、一人の神と少数の天使が生き残った。それがあの村の住民とドベル様なのです。」

「魔神はその後どうなったんだ?」

「魔神はその後、地獄へ戻り力を蓄える為に六百年の眠りについたのです。」

「そして、今が六百年の眠りが覚めるわけか。」

ラグベルト達は、再び宿屋に戻って今後のことで話し合った。

「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く