聖戦

ヤマネコ

第27話 成立

ラグベルトはウード、ガロム、マラクスを連れて最後の四人衆の一人、ヴェルタークが居る洞窟の探索を開始した。

「ヴェルタークは居たか?」

「居ない、そっちは?」

「居ない。あいつは一体何処へ行ったのだ?」

その時、ラグベルトが何かを見つけガロム達を呼んだ。

「おーい、ヴェルタークが居た跡があったぞー。」

「本当か。行くぞ!」

「これが跡だ。」

「焚き火を消したような跡だな。しかも、この跡にはまだ熱気が残っている。もしかしたら、まだこの周辺に居るかも知れないぞ。」

「急いでこの周辺を探そう!」

ラグベルト達は、洞窟の周辺を探し回った。そして約二時間、ついにヴェルタークを見つけることができた。

「お前どこまで行っていたんだ!」

「普通に散歩していたんだよ。」

それからガロム達が説得して約三分、ヴェルタークも同盟を結ぶことを了承してくれた。そして、ラグベルト達はラグズ王国に戻った。

「ただ今ラグベルト、帰還いたしました。」

「ご苦労であった。」

「実は私から国王に申したい事がございます。」

「何じゃ、申してみよ。」

ラグベルトは、ガロム達の同盟の件を言った。

「なんと!親人類派のオーガ達が四人いたとは、良かろう。その三人とも同盟を結ぼうではないか!」

こうして、オーガ四人衆と同盟を結び成立した。


「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く