聖戦

ヤマネコ

第24話 トローム王国

ラグベルト達は次に西方のトローム王国に向かっていた。

「六国を周るって随分早かったな。」

「ああ、そうだな。あっ、もう言っている間に着いたぞ。」

ラグベルト達は、トローム王国に着いた。
そしていつも通り、ウードを外に待たせてラグベルトは門番に自分はラグズ王国の使者だと言い聞かせ、王都に入って行った。

「ここがトローム王国の王城か。思った以上にでかいな。」

ラグベルトはその大きな王城の中へ入って行った。

「王はどこにおられる?」

将軍と思わしき人物に尋ねた。

「誰だ、お前。」

「私はラグズ王国の将、ラグベルトだ。」

「儂はトローム王国騎士団団長、ゲーグルである。それで、国王に用か?」

「はい、実は国王にこの巻物を渡してほしくて。」

「では儂が国王にお渡しいたそう。」

「ありがとうございます。では、私はこれで失礼致します。」

ラグベルトは急いでウードのところへ戻った。

「次が最後の国、バルコ王国よりもっと東方にあるキグロス王国に行くぞ。」

ラグベルト達は最後の国、キグロス王国へ向かった。

「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く