聖戦

ヤマネコ

第20話 出発!

 オーガとラグズ王国が同盟を結んだ後、ラグズ王国は次に六国同盟の準備をしていた。

「おい、ラグベルト。」

グリードが言った。

「ん?」

「王がお呼びだ。」

「わかった。」

ラグベルトは玉座の間に行った。

「何でございましょう。」

「何度もお前を使って悪いが、お主にやってほしい任務がある。」

「?」

「お主は我が国の使者として六国に行ってほしいのじゃ。やってくれるかの?」

「もちろんでございます。」

「では、この五つの巻物を持って、バルコ、グルーメル、ルシガン、トローム、キグロス、この五国に届けてくれ。」

「承知しました。では、今から行って参ります。」

「うむ。」

「おーい、ウードは居るか?」

「あちらに居ます。」

「分かった。」

「俺に何か用か?」

「俺は今から、五国にこの巻物を届けねばならないんだが、良かったら俺の護衛として一緒について来てくれるか?」

「もちろんだ。」

「ではオーガ達、俺らの居ない間王国を頼んだぞ。」

「了解です、ラグベルト様。」

「ではウード、行くぞ!」

「おう!」

こうしてラグベルトとウードの五国を周る旅が始まった。

「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く