聖戦

ヤマネコ

第13話 鎮圧

「ラグベルト、アレス、行くぞ!」

「懲りない奴らめ、野郎ども!血祭りだーっ!」

「グハァッ!」

「ブホォ!」

オーガ軍の兵士達は次々と血を吐いて倒れていった。

「お前ら、俺の兵士達に何をした?」

「錬金術だよ。」

グレンは微笑みながら言った。

「何?!」

「今だ!」

ラグベルトがグレンの合図でオーガ軍のリーダーの隙を突き、斬りつけた。

「何だと!グハァッ!」

オーガ軍のリーダーは血を吐いて倒れた。

「この俺が人間に負けるだと?この一国を
滅ぼせないまま死ぬのか、無念だ。だがあの方が俺の代わりにこの国を滅ぼしてくれるだろう。」

「あの方とは誰のことを言っているのだ?」

ラグベルトは尋ねた。

「我が一族の首領さ。」

「何だと?!」

「あの方の封印は我らが解いた、だがまだ完全に目覚めておられない。しかし、あの方が完全に目覚められる時、この国を含めて六国を必ずや滅ぼしてくれるだろう。クックックッ、あーはっはっはー!グホッ!」

血を吐いてそのまま死んでしまった。

「ラグベルト、アレス、まだ終わってないぞ!」

「そうだった、急いでサイラス将校の所に行こう!」

「その必要はない。」

「えっ?」

一方、サイラス将校の軍はまだオーガ軍と応戦中だった。

「サイラス将校、これ以上持ち堪えられません!」

「うろたえるな!なんとしてでもこの王城を死守するのだ!」

「了解!」

オーガ軍の後方から騎馬隊が突っ込んで来た。

「何だ?」

兵士達は騎馬隊が敵か味方か分からないので戸惑っていた。

「これよりオーガ残党軍の殲滅作戦の実行に移る、皆の者、突っ込めー!」

「オォーッ!」

この後、オーガ残党軍は騎馬隊によって殲滅された。

「勝った、勝ったぞー!我らの勝利だー!」

こうして、オーガ残党軍による反乱は鎮圧された。

「あのー、失礼ですがどの国の部隊の方ですか?」

サイラス将校は尋ねた。

「我らは旧ラグズ王国騎士の者である。そして我はこの部隊を率いる旧ラグズ王国騎士四天王の一人、ガリアードである。」

「では、そちらの方は?」

「我も同じく四天王の一人、カインである。」

「どうして援軍として来られたのですか?」

「我らと同じ四天王の一人、アレスが我らに援軍要請をしてきたので、この国に援軍として来たのだ。」

「あの時、貴方がたが来なかったら今頃私の軍は壊滅的被害を受けていたでしょう。援軍として来てくださってありがとうございます。」

一方、王城では...

「どうやら、城外の方も鎮まった様だな。」

グレンは言った。

「その様だな、少し外の空気を吸いに外に出るとしよう。」

アレスは王城を出て行った。

「俺達も外に出るとしよう。」

そう言ってラグベルトとグレンは王を連れて、外に出て行った。

「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く