聖戦

ヤマネコ

第2話 神のお告げ

「あ〜あ暇だな〜。でもまさかこの俺がルシフェルの里の伝説の戦士の末裔だなんてな〜。まぁいいか、そんなことはほっといてここで居眠りしてよ〜。」

「おい、ルシフェルの里の戦士の末裔よ、今からお前に告げる、お前はこの国の精鋭部隊の将軍となり、このラグズ王国の東方にあるバルコ王国に侵攻し、王国にいる者全て殲滅しろ。そして王城の地下に眠る岩を破壊しろ。」
「お前はいったい誰だ!」
「俺はこの大陸を統べる神だ!ふっふっふ
はっはっはっはー!」


そう言って神と名乗る者は消えていった。

「これはラグズ王に報告しなきゃ!」



「何!バルコ王国に侵攻し、民を殲滅しろだと?」

「はい。そのように神と名乗る者が言っておりました。」

「よし、ラグベルトお前を一般兵から将軍に格上げし、五万の兵と精鋭部隊を預ける。お前はまだ未熟な兵士だが今はそんなの関係ない!国の存亡がかかっているのだ!今すぐ出撃し、バルコ王国の者共を殲滅してこい!さもないと、神の怒りを受けることとなる!」


こうしてラグベルト率いる五万の兵と精鋭部隊はバルコ王国に向けて出発した。だが、ラグベルトは何故王が気が狂ったかのようになっていたのか気になっていた。

「聖戦」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く