話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ドラゴンテイマーになった僕は鶏を育てて暮らす。

ノベルバユーザー313493

10話 僕とダグラ

 「本日はありがとうございました」


 「こちらこそ遠いところお越しいただきありがとうございました。これは私の領でとれたものですが良かったらお持ちください」


 そういって沢山の包みを渡された。こんなに申し訳ない


 「ありがとうございます」


 オーシェントさんに見送られて外へ出る。外門の外までの見送りはダグラさんだ。屋敷を出ると豪華な馬車?馬ではない何かが繋がれた車が2台置かれていた


 「これは?」


 「ヤバ車と言います。この街は坂が多いので前と後ろにヤバという切り立った高い山に住む動物を使っているのです」


 「そうなんですね」


 マヤとココナが先に促されて1台目のヤバ車に乗る


 「北條様はこちらへ」


 そう2台目のヤバ車に促された。なぜ別の車に?まぁいいか。ドアが閉められヤバ車がゆっくりと動き出す


 「すみません。ありがとうございます」


 「いえ、ですが二人きりにするということは何かお話があるのですよね」


 「はい、北條様はこの世界について度の程度知っていますか」


 「そうですね、大陸が五つあり、その中でも国があるのはデティント大陸とこのスフェンド大陸だけ他は民族毎に小さな集落を作ってるって事くらいです」


 「そこまで知っているとは、流石北條様。確かに国は2つだけです。ですが民族というのもバカにはできないのです。この大陸で言えばダオ民族、この民族は特殊な魔法を使い強力な魔法を使って戦います。今この民族が問題なのです」


 「と、言いますと?」


 「周辺の小規模な民族を下し一つになろうとしているのです。しかし今この国は王帝陛下が交代なされたばかりで脆い。ここをつかれればひとたまりもありません」


 「だから王帝を変えた方がいいと?」


 「そんな、私に変えることなどできません。ただ別の方の方が良いのではと思うだけです」


 この人はバカなのだろうか?大奉祭で僕は王帝陛下の即位を英雄として承認した立場なのだ。それなのにまさか反乱に協力するわけがない


 「それはオーシェント家としての考えですか」


 「?いえ、私個人の考えです」


 よかった、それならもし反乱が起きても僕はゼノさんとホムラさんだけでも庇うことができそうだ


 「そうですか、一つ忠告をさせて頂きます。僕はどうやら強いみたいです。そしてマヤは王家の人間です。この事をよく覚えといて下さい」


 「んな!?」


 「この件については報告させて頂きます」


 そう言うとヤバ車が止まり僕はマヤとココナと一緒に転移した


 「そうですか―――――――わかっては今した。毎回そうゆう人はいるのですが今回は」 


 「王帝陛下今回の件は僕にダグラ個人として申し出たものです。ですから家族の方は」


 「わかっています。今ここで彼を失うのは国として損失でしからないですから」


 「良かったです」


 「すみません、ありがとうございます」


 「いえ、私も妻の笑顔は大切ですから」


 「そう言っていただけると嬉しいです」


 僕にオーシェント領での夕食会の次の日お城へ来ていた。昨日の事を伝えるためだ。幸い今日は予定が少なく直ぐに会うことが出来たので日が昇りきった無事用件を伝え終え今僕は王都の屋敷にいた


 「お帰りなさいませ」


 既に先週から新しい門番とメイドが入っている。自慢の庭を通って屋敷に入った


 「ただいま」


 「お帰りなさいませ旦那様」


 「お帰りなさい。ここのお庭凄いですね、これを司さんが作ったなんて」


 「ビックリした?向こうは森のなかだからこう言うのを作ってもあまり凄くは感じないかも知れないけど、こう街の中に作ると凄さが際立つよね」


 「そんなことないと思いますけど」


 今日はいよいよ来週に控えたお店オープンの為に皆で下見をしようと言うことになったのだ。ちなみに店員は全員竜だ、今日は店員を務める竜たちも呼んでいる


 「帰っていたの?」


 「たった今ね、今から下見に行くけどマヤも一緒に行く?」
 

 「ええもちろん行くわ」


 と、言うことでマヤとココナ、僕といつもの三人で出かける。店は商業区の貴族街より、高級店が並ぶ一角だ


 「結構立派ですね」


 「建て替えたからね」


 「でも地味だわね」


 「いいじゃないか、逆に目立ってる」


 「そうだけど」


 建て替えた店はなんと全て木材で出来た、まるで田舎の家のような感じだ。周りの石造りに店が並ぶ中でもかなり浮いている
 中にはカウンターと奥に倉庫と流しがあり、あとはただだだ何もない空間が広がっている


 「何もないわね」


 「これ、大丈夫なんでしょうか?少し心配です」


 「大丈夫さ」


 あらかじめ買ってきておいた机に椅子を置く。こんなところだろうか


 「じゃあみんな、とりあえず挨拶から練習しようか」


 挨拶の練習に動きの確認をする


 「じゃあみんな来週からよろしく頼むよ」


 「「「はい!」」」


 この感じなら大丈夫そうだ。マヤの魔法で店から直接屋敷に戻った


 「ただいまって、何この状況」


 帰ってくるなり目にしたのは一つの血溜まりと人間だったと思わしき人の体と倒れた無傷の男女だった


 「お帰りなさいませ主様。主様がいない間に襲撃がありましたので無力化しようと思い重力魔法を使ったらこのような事に」


 なるほど、なるべく怪我をさせないようにしたら力加減を間違えてぺしゃんこになったと
 恐すぎるだろ


 「ありがとう、皆は大丈夫だった?」


 「はい全員怪我一つありません。現在は空からイボルブが地上からはティアが警戒しています」


 「ありがとう、さてこれはどうにかしなきゃな」


 正直グロ耐性はそんなに高くないので早くしないとSUN値がピンチだ


 【フレア


 一瞬で血液毎に消し飛ぶ


 「ふぅさてコイツらはどうするかな」


 「衛兵や兵士に引き渡せばいいんじゃないの?尋問した結果は後で聞けるし」


 「なるほど。そうゆうことなら悪いけどもう一度飛んでくれないか?場所はテティーヌの街でいいから」


 「わかったわ」


 マヤの魔法でテティーヌの街の外壁前に飛んだ


 「こんばんは」


 「コンポさんお久しぶりです」


 「司さん、お久しぶりです。どうされました――――――わかりました付いてきてください」


 僕の後ろの人たちをみて察してくれたらしく直ぐに他の兵士がきて拘束してくれた。僕はそれを見届けると事情を聞くためと応接室に通された


 「―――――なるほど、わかりました。尋問が終わりましたら連絡に伺います」


 「すいません、お手数おかけします」


 「これも仕事ですから、ただこの人達もおそらく反乱運動の人たちなのでしょうね」


 この人たちも?と言うことは他にもいたのだろうか


 「他にもいたのですか」


 「はい、先日領主の屋敷に乗り込んできた人がいて、そのときは僕な抑えたのですが」


 「理由はわかりますか」


 「今の王帝陛下ではダメだと、それだけです。前回の代替わりのときもここまでではなかったそうですが反乱があったそうで、ですから時期に落ち着くと思うのですけど」


 なるほど、既に襲撃を受けていたのか


 「そうなですね、ではこれからも気をつけておくことにします」


 「それがいいと思います。ただ英雄に襲撃とか無謀としか思えませんけど」


 「確かに。ありがとうございました」






 

「ドラゴンテイマーになった僕は鶏を育てて暮らす。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く