異世界に飛ばされた僕は≪槍術士≫として生きていく

天元神楽

番外編 フィーア


「そうなんです、こんなに大変なんて思いませんでした」

「まあ、若いうちはね  でも今だけよ」

「はあ、、、」

「今のうちに楽しまなきゃ  枯れてからじゃ遅いのよ」

「そ、そうですよね」

10代と思われる少女と30代位の女性が話していた

「家なんて、もう半年も御無沙汰なんだから」

《タカキが半年、、、ないわね》

嵩樹が半年しないのを考え即、否定した

《タカキがそんなに我慢できるわけないわ》

哀れ嵩樹、フィーアからは獣のような扱いであった



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
出先での更新の為短めです


コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品