異世界に飛ばされた僕は≪槍術士≫として生きていく

天元神楽

第四話 二人のこれから


フィーアが目を覚ました後、昼食をとった二人は今後について話し合うことにした

「お父さんとお母さんのことだけど、フィーアはどうしたい?」

「私は、、、探しに行きたい、、」

「うん フィーアならそう言うと思ったよ」

「反対しないの?」

フィーアが不思議そうに聞いてきた

「しないよ それにもうフィーアは決めたんでしょ?」

嵩樹の言葉に頷く

「それなら反対なんてしないよ」

探しに行くことに決めた二人はそのことを村長に話に行くことにした



「そうか 行くのか、、、」

「はい 一緒に探しに行こうと思います」

「フィーア、、、どうしても行くのだな?」

真剣な表情で聞いてきた村長に気を引き締めながら答えた

「行きます、、、それに今は一人じゃないから」

そう言って嵩樹の顔を見る

「そうじゃな 前のお前であれば反対していたところだが」

村長もフィーアにつられるように嵩樹の方を向いた

「タカキ、、、くれぐれもフィーアのことを頼むぞ」

「はい 何があってもフィーアのことを守り抜いて見せます」

村長の許可を得ることの出来た二人は家に戻り旅の準備を始めるのであった



翌日、二人は村の入り口のところにいた

「フィーアお前はこの村以外を知らぬくれぐれも用心するのだぞ、いいな?」

「はい、わかっております」

「タカキお前も無茶はせぬようにな」

「はい、今は守るものもありますので無用なことはしません」

話を終えた嵩樹たちは出発の時を迎えていた

「村長 行ってまいります」

「お世話になりました」

「うむ、気をつけてな」

村長と別れの挨拶を済ませた二人はついに旅立っていった

「くれぐれも気を付けるのだぞ、、、」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
二人の旅が今始まる



今後の展開どうしよう









コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品