魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜

豚の人。

ニックネームかハンドルネームかよく分かんなくなったの巻き



「まず僕からいいかな」

我先にと潤野が満面の笑みで俺に問いかけてくる。

「順番は問わないが...。うん、まぁ...いいんじゃね?」

そう適当に返事をする。

「ありがとー。僕のニックネームはサム・・。父の上司の警官の名前からとってるんだ」

「...私ね。シエ・・よ。由来なんて覚えてないわ」

紫音が窓の外を見つめながら言う。...何か意味ありげだが...あまり散策しなでおこう。殺されさうだしな...。

「ん、次私でいいのかな」

空気を読める香音。さすが陽キャ。改めて場違い感を感じてしまうな...。

ノン・・だよ。香音から取っただけなんだけどね。覚えやすいかなって思ってさ」

まぁ組織の任務の時だけだしな。こういう気遣いはありがたい。口には出して言わないが。

「............あ、えっと...僕?」

「当たり前だろ...。こういう場合は普通生徒会長である俺が最後だ。漫画とかそういうのはそういう法則があるからな」

「そうなの...?うん...」

と、音緒が少しうつむきながら小声で

リオ・・...です」

リオ...?音緒とリオが似てるのか。にしても、どっかでリオって聞いたことあるきがするんだよな...。 

「そのリオっていうやつはどっかの有名人から取ってるのか?」

「はい...。僕が夢に見てる人の名前から...」

誰かはよく分からないな...。まぁ、俺には関係ないだろうしな。

「さて、待たせたな」

「待ってねぇよ」

......いけない、なぜか勢いでツッコミをしてしまった。仮にも相手はプライドの高い生徒会長様だ。さすがに言い過ぎたかもしれん。

「...お前ってノリいいんだな。完全に隅に居る影の存在だと思ってたから安心したぞ」

「一発殴らせろ」

そうだ...こいつのキャラをすっかり忘れてた。生徒会長っぽいようなそうでもないような...。結構ギャップの濃いキャラだったなこいつは。
というか生徒会全員濃いキャラだが。

「コホン...。まぁ、俺も音緒と似ててな。ある有名人から取ってる。と言っても、昔の人物だがな。俺のニックネームはサン・・だ。サンという者は昔魔界で...」

「その話何回も聞いたわよ」

と、紫音が止めに入る。

「そんで気になったんだが...カタカナ縛りでもあるのか?全員カタカナじゃないか」
 
言いやすいとかそういうのなら分かるかが...。

「作ってる豚に言ってくれそんなの。設定とか全部あの豚g」

「前の発言取り消してくれ。そういうメタ発言するとは思ってなかった」

やっぱこの生徒会長キャラ合ってないだろ。

「とりあえず千葉君も早くニックネーム考えてね。早く任務に行きたいしさ」

「適当で良いんだよ、適当でさ」

励ましにもならない香音からのコメントとアドバイスにもならない潤野からのアドバイス。どうしろってんだよ。

「適当に...か。そうだな...」

歴史上の人物から取るか...。俺が好きな歴史上の人物......。

セル・・...。うん、セルでいいわ」

「どうしてその名前にしたのかしら」

「しょーもないぞ。俺の好きな歴史上の人物から取った。セオドア・ルーズベルトって奴からな。ルセだと言いにくいだろうしセルにしといた」

「僕は聞いたことないや。まぁいいや、早く種界属を殺りにいかないとね」

「うん...僕あまり血は見たくないんだけど...。これも仕事だもんね。...はぁ」

「まぁまぁ、音緒は回復係なんだから別に良いじゃん?私たちだってMPに限界あるし。音緒の回復助かるんだよ」

「香音はほとんど魔法使わずに拳で戦うだろ。身体能力強化からのマーシャルキックとかな。お前女らしくない戦いかたするよな」

「確かにね。私は散策と遠距離だからバランスはいいのだけれどね」

しっかりバランスが取れてるのかこのパーティー...。あれ?俺の立ち位置ってなんだ?

「俺は一体なんの要員だ?」

「お前は...。近距離でも遠距離でも行けるだろ。自分なりに自由に戦っていいぞ」

取ってつけたみたいな考えだなおい。

「まぁ...縛りないほうが戦いやすいかもな。で、行かないのか?」

「それもそうね。早く行きましょうか。とりあえずかなり離れたら所に二人居るわね。西辺り...かしら。ワープで何とかなるわ」

うへぇ...いきなり行くのか。殺意高いなこいつら。まぁ...どうせやるはめになるんだし。どっかの父親のせいでな。

「位置も特定できたみたいだな。どんくらいの距離だ?」

「軽く20km越えてるわね。普通に移動したら朝になってるわ」

「西の方向ならここみたいな発展都市じゃないかもしれない...。確かもう廃村になったところじゃなかったかな...?」

「へぇ。音緒って物知りなんだねぇ。普段校外には出ないから分かんないや」

「僕もしらないなぁ」

「音緒の言ってることが正しいかも。種界属の二人以外人の気配がないもの」

全く話についていけん。とりあえずその廃村に行くのか。夜だから雰囲気増しましだな。

「ほとんど確定したな。さっさと行ってさっさと殺して帰ってくるか。時間的にもあれだろうしな。潤野、ワープ魔法頼む」

「ん、待ってね。ちょっと銃のセットしてるから」

「私も少し弓の調整中」

潤野の持ってる銃...。魔力を応用して使う結構難しい武器だったか。任務用の武器あるんだな...。

紫音は弓か。弓も魔力をためて矢を放つとかそんなやつだったな。

俺は魔法の"道具"とかはないが、魔法がある。これだけで充分だな。

「おけ、準備出来たからワープしちゃうねー。........."ワープ"」





宣言通りめちゃくちゃ遅れました。内容も糞ですね。書いた奴絶対許さねぇ。

そんで、いきなり!キャラクター紹介の方にニックネームの方載せて更新しておきます。絶対ややこしくなるんでね。

次回も遅れるうえ、皆様にご迷惑おかけしますが、今後も温かい目で見てやって下さい。

ではまた次回お会いしましょう!さようなら(^-^)/

「魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く