魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜

豚の人。

少し進展したような...?



………どうしてこうなった。

昨日の毎年恒例イベントから一日が経った今日。

何故俺は生徒会長と二人で飯を食っているんだ。何か誤解が生まれそうだなこれ。

現に今女子からの視線がかなり痛い。

「ふーん…大変なんだなぁ、C組も。まぁ、底辺らしいけどな」

「そ、そうだナ…。こっちも色々大変なんダ」

「…何故カタコトになってるんだ。それより、早くその手に持ってる焼きそばパンを食べたらどうだ?強く握りすぎて潰れてるぞ」

誰のせいだと思ってるんだ、なんて口が裂けても言えない。

「…はぁ。それより、生徒会長さんよ。わざわざ俺を呼び出したのには理由があるんだろ?」

俺は少し潰れ焼きそばがはみ出てしまっている焼きそばパンをむさぼりながら言う。

「察しが早くて助かる。とまぁ、お前は昨日から正式に生徒会に入ったわけだからな。あっちの仕事・・・・・・も今日からやってもらうわけだよ」

…裏組織の方か。正直面倒くさいな。

「…いや、まて待て。今日からって言ったよな?」

「お、おう…。当たり前だろ…。なんせ、俺らの組織は国家機密。中々表に出て仕事が出来ないうえに人数不足と言ったもんだ。種界属の処理も追い付いてないからな」

あぁ…昨日の俺を殴りたい。なんで生徒会に入るなんて言ったんだ。
そもそも俺が不正アクセスなんてしなけりゃ良かったのか…。やらかしたわこれ。

「ただ、俺はまだ処理方法だの色々知らない初心者なわけだし?いきなり外に出て種界属殺すぞー!なんて事無理だぞ、無理」

いや、やろうと思えば出来そうだが…。

「不正アクセスを意図も簡単にこなす知能、そして戦闘慣れした動き…もう充分すぎるけどな」

「…遠回しにやれって言ってるんだろ。…まぁ良い。証拠が残らないように殺せば良いんだろ。まぁ、これが一番面倒くさいけどな」

「骨ごと燃やせば良いだろ」

「それが俺にはできねぇんだろうが」

ったく…昼になんつー会話してんだ。これじゃ飯も進まないじゃないか…。食欲無くなるわこんなん。

「とまぁ、今夜の9時から11時までだ。分かったな。集合場所は理事長だ。それじゃあ、また後で」

「おう」

__おうって言っちゃったよ。後戻り出来ないじゃねぇか…。

「あら、随分と仲が良くなったのね。もしかしてコミュニケーション能力があるのかしら」

「えっと…紫音、だっけか。俺に何か用か」

こいつは…あれだ、キャラを作ってる女だ。女って怖いわ、ほんと。

「…そうだ、紫音。一つ聞きたいんだが、合同授業の日の自己紹介の時、心理属性の事を隠してたのは何でだ?」

「…嫌われるのよ、心理属性は特にね。心を読まれるなんて誰でもいやでしょう?」

「確かに、お前だと特にnゴッフッ」

「もう一回言ってみなさい今の言葉」

「紫音様はとてもお美しいと思います、はい」

「今回だけよ」

こいつ腹パンに容赦が無さすぎる...。生憎やきそばが口から出かけるとこだった。

「それで...貴方が正式に生徒会に入ったというわけだからこの事は言っておくわ」

「ん...なんだよ、そんな改まって」

「篠原...と言ったわね。私の勘だけれど...その女には気を付けなさい」 






謝罪



投稿送れてすみませんでしたああああああああああああ!!!!!!!!!(焼き土下座) 

「魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く