魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜

豚の人。

毎年恒例イベント



「...ん?」

俺は理事長の扉の方へ目を向ける。

(気のせいか...?今確かに何かの"気が"したような...)

気のせい、か...。

「それはそうと...晴生、6時限目の授業は大丈夫なのか?」

「って、あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!」

残り3分...やばい、移動教室...!科学が行われる教室はこの理事長室の反対校舎。しかも一回教科書を取りに行かなくてはならない。

「...諦めよう」

ワープ使いたいけどMPが限界。ワープ魔法を使ったとしても倒れておしまいだろう。
合同授業の時に魔法を連発しすぎたか...。

「ま、頭下げて許してもらえ」

雄騎は笑うのを堪えながら俺の肩をポンと叩く。

「お前らは生徒会は...確か理事長室でやるんだったな」

「そうよ。不正アクセスした時に情報を見られてたのね...。少し種界属について一時間みっちり色々やるの。さ、それより晴生君は授業に行きなさい」

「...はぁ」

俺は省かれるのか。悲しいな...。

俺はしぶしぶ理事長を出て、重い足取りで科学室へ向かった。




キーンコーンカーンコーン...。

6時限目の終わりを告げるチャイムが鳴る。

「あぁ…疲れた」

あの後めちゃくちゃ説教されたし。たまに居るよなぁ…自分は普通に授業遅れるくせに生徒が遅れるのは絶対に許さない糞教師。

「千葉さん、大丈夫ですか?」

「ん…。ン"ン"!?あ、あぁ…篠原さん」

このタイミングの篠原さんはマジで癒しだな。ありがたい…。

「大丈夫…。少し太ももきついけど」

「色々大変でしたね。少しくらい言い訳を聞いても良かったのに」

「もうこりごりだな…」

俺は苦笑いをし、篠原さんと一緒に教室へ戻って行った。




「男子サイッテー…」

「はぁ!?そっちが勝手にぶつかっただけだろお!?」

俺達が教室へ足を踏み入れた時に、女子と男子の激しい口論が聞こえてくる。

あるとは思ってたけど、ついに来たか…。年に一度は絶対ある男女対立の日。
ある些細なことがきっかけで女子と男子の間にヒビが入る…毎年恒例イベントだ。

「どうしたんでしょう…?」

「毎年恒例イベントじゃないか?」

篠原さんは討論している男女の間に入る。

「喧嘩は止めてください。どうされたのですか?話して下さい」

「男子が変なとこ触ってきたの。普通に気持ち悪いんだけど。絶対わざとだよねぇ?」

「ぶつかっただけだっての!当たり所が悪かっただけだって!」

ありゃあ…。こりゃめんどくさい事になったな。てか、これあれだ。触ったのアイツなのに他の男子も同罪だみたいに他の女子から避けられるパターンだ。

これは…男子どんまいだな。

「ここで善悪を決めるわけではありません。意図的に触ったのかも、あるいは不慮の事故だったのかは分かりません。ここはお互いに謝った方がことは早く収まるのではないですか?」

「謝る?絶対嫌よ。この変態」

女は男を睨み付け、自分の席へ戻って行く。

「なんだよ、アイツっ…」

男の方も舌打ちをし、席へ戻って行った。

「大変な事になりました…。困りましたね…」

これには篠原さんも頭を抱えているようだ。まぁ、俺的には放っておけば勝手に仲直りしてくれると思うんだが。

「___かな」

その時、篠原さんが小声で何かを呟いたように思えたが俺には聞き取れなかった。




ある廊下の一角に、二人の影があった。

「ふーん…千葉、だっけ?私は良く分かんないけど…篠原なら上手いこと接触出来てるんじゃないかなぁ?」

「だと良いけどな。俺達は難易度の高い生徒会にするか。底辺ということも有効活用できるだろうしな」

「…そっか。早めに消しときたいけど相手が相手だからねぇ。まずは接触してから隙を見つけてって感じかな」

「そういうことになるな。リスクは高いが、やむを得ん」

「ははっ、何か楽しくなってきちゃった。ドキドキするね」

「…はぁ。ヘマして死ぬんじゃねぇぞ」

「分かってるよ。あんたもね」


「魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く