魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜

豚の人。

理事長


さて...早速ワープ魔法を...

「千葉 晴生と言ったな」

「...断る」

「俺は何も言っていない」

「断ると言ったんだ。聞こえなかったのか」

「何も用件を言っていだろう」

「用件があるんだろ。断る」

「話だけでも聞いてくれないだろうか。お前も面倒事は嫌いだろ?」

「...確かに嫌いだ。すぐ終わるんだな?」

「あぁ。生徒会長の言うことが信じられないか?」

「あぁ」

「後で一発殴らせろ」

毎度のことだがなんだこの茶番は。俺はやりたくてこんなことやってるわけじゃないんだぞ。ったく...。

「交渉成立、だな。紫音、説明頼む」

「はい。...では、単刀直入にお聞きしますが、生徒会の書記に入りませんか」

「はっ...はぁ!?」

てかこいつ居たのか...全然気づかなかった...影薄いのかな。

「とまぁ、そういうことだ。底辺ながらもあの強さ...おまけに種神属と言ったもんだ。我々の人材に相応しい...そう思うだろ?紫音」

「そうですね...。底辺には勿体ないと思います、はい」

なんだ、この言わされてる感...。

「だそうだ。どうだ?リスクは負うが、生徒会で良い成績を納めればメリットが増える。数えきれないくらいな」

メリット、ねぇ...。今の俺には必要のない要素だな。

「あんた等...俺が何故底辺に配属されているのか、分かった状態で誘っているのか?俺は底辺。いくら強くても、種神属でも...俺は底辺なんだ。底辺はみな、何かしらの欠点がある。その事をわかって誘っているのか?」

「当たり前だろ?何故お前が底辺に配属されたのか、なんて俺にも分からない。だが、我々生徒会にもそれぞれとても大きな欠点がある。じゃあ何故生徒会に入っているのか?そんなの、理事長が楽しみたいだけ」

理事長が楽しみたいだけ...?

「率直に言おう。俺達は理事長のおもちゃ。理事長が楽しめるような、そんな物にならなくてはならない。俺達生徒会は、みんなどこか大事な部品が欠けている。だから面白い...話がずれたが、要するに、面白そうだからお前も入れっていうことだよ」

「はぁ...」

一見、訳の分からないことを言っているように思たが、要するにこういうことだろう。
理事長のお遊びに付き合ってくれ。

理事長にとって俺達生徒はおもちゃ。

正直、その理事長を2発蹴りを入れてやりたい気分だ。

「自分で言うのもあれだが、俺は陰キャなんだ。陰キャが生徒会なんて聞いたことがないぞ...」

「だそうです。どうしますか、雄騎生徒会長」

「そうか...。少し面倒になるが、一回理事長に会ってはくれないだろうか。お前がはいと言えば楽に済んだんだが...」

「何か意味ありげな言い方だな。...理事長、か...。分かった。一回だけ会ってみたいと思ってたんだ。良い機会かもな」

「...理事長に会いたいのか。変わった奴だな。まぁ、それなら話は早い。では早速来てもらおうか。千葉理事長・・・・・の元へ」

「魔法科高校白百合学園底辺クラス1年C組〜実力で示してみろよ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く