禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜

supico

和久・リーゲンバーグ



 その日、不運にも歓迎会と称した食事会に巻き込まれた和久は、緊張の面持ちで席についていた。

 白を基調とした柔らかい調度品でしつらえられているこの部屋は、ユーリカの自室として割り当てられたうちの一室だ。普段は客間として使われているらしいが、一般棟の和久の自室よりも広い。初めて特別棟に足を踏み入れたのだが、同じ寮とは思えない豪華さに、唖然の一言だ。

 レースのクロスがかけられたテーブルの上には、細かい装飾の施されたグラスやカトラリーが準備されていた。想像に難くない、正餐のコース料理なのだろう。ナイフもフォークも、1本ずつあれば十分だろうに、何故こんなにも必要なのか理解に苦しむ。

 目の前には優雅に座るユーリカと、隣には和久と同じく挙動不審気味のニイナ。部屋の隅には、何人かの使用人が静かに立っていて、リラックスできる余地なんてまるで無かった。

 俺の知っている『歓迎会』はコレじゃねぇっ……なんて、累に八つ当たりしたい気分なのだが、当の主役はまだ来ていなかった。

「今日は来てくれてありがとうね、和久、ニイナ。2人とこうやって食事をするのも、よく考えたら初めてだものね」

 ニコリと人好きのする笑みを浮かべて話し始めたユーリカは、普段通り、見本のように美しい制服姿だ。頭頂部で高く結い上げられた栗色のポニーテールも、いつも通り紺碧校のシンボルカラーである、青いリボンが巻かれている。
 ドレスアップしていたらどうしよう、と若干不安だっただけに、昼間と変わらない格好には一安心だった。

 和久自身は昼からの自主訓練で、汗だくの泥だらけになっていたから、急いでシャワーを浴びてきていた。生乾きの髪には目を瞑ってもらうとして、クリーニング済みの制服に着替えたのは正解だった。この場にヨレヨレの制服で着席していたら、悪目立ちもいいところだったろう。

 ニイナも気合を入れて準備してきたのか、色素の薄い綿菓子のようなふわふわの髪が、今は若干落ち着いて見える。
 が、しかし心情は落ち着いていられないようだった。

「はいっ、あの、呼んでくださって嬉しいです! けど、あの、私、本当にマナーが……」

 おろおろと訴えるニイナは、憧れの会長と食事をする嬉しさに赤くなったかと思えば、目の前のテーブルセッティングに青くなったり、忙しそうだ。それでも姿勢を正しておくのを忘れないあたりは、真面目なニイナの美点だろう。

 思わず、ボソッと助け舟を出してみる。

「ニイナ、困ったらとりあえず会長の真似だ。これなら絶対間違いないぞ……」
「そ、そうだね……。志は低いけど、その作戦で進めよう……」
「ちょっとそこー。これは任務か何かかしら?」

 真剣に決意を固めるニイナに、わざと意地悪くツッコんだユーリカ。しかしニイナの肩がぎくりと揺れたのを見て、すぐに破顔した。

「ふふふっ、冗談よ。マナーなんてあまり気にしないで。基本的に、外側のカトラリーから使っていけば良いんだし、ね?」
「…………はい……」

 さも簡単そうに言うユーリカに、たっぷり数秒は固まったニイナが、半泣きの笑顔のままで一番短い返事をした。

「会長、それが難しんですってー」
「えー? 間違えて使っても、必要な時には補充してくれるわよ? ほんと気楽に構えてくれたら良いんだけど……」

 和久の言葉に、困ったように眉を下げるユーリカ。彼女に、これ以上の同意を求めるのは酷だろう。本質的に貴族であるユーリカには、まったく理解できない感覚なのだ。
 しかし、そこに嫌味を感じさせないところが、ユーリカの魅力といえる。大げさに言えば、貴族である天然さがキャラクターなのだ。

「——ご歓談中失礼します。ユーリカ様、峯月累様が来られました」

 控えめな侍女の声が、主役の到着を告げた。
 仰々しく扉が開かれると共に、当然のようにユーリカが席を立って出迎える。

「峯月くん、いらっしゃい」
「お招きありがとうございます、会長」

 周りの使用人とか、テーブル上の複雑怪奇なセッティングとか、そういう雰囲気を全く頓着せずに歩み寄って来た累。和久やニイナへも小さく挨拶をしつつ、ユーリカが手で示す席へと向かうと、当然のように使用人が引いてくれた椅子へと腰を下ろした。

 不自然さも緊張感も全く無い、滑らかな仕草でディナーテーブルへとつく姿は、この場に慣れていないと絶対に無理だろう。
 自分で椅子を引いた和久らとは、目線の動きから違っているのだから、一朝一夕のものじゃない。

「お前、ぜったい、中流家庭の出身じゃねぇだろ……」
「いやいや、ごくごく平凡な家で育ったって」

 笑って否定する累は、模擬訓練の疲労感はすっかり消え去っていた。和久と同じく風呂にも入って来たのか、スッキリした顔で、綺麗に折り目のついた制服に着替えている。
 着こなしている感のある制服姿は、ユーリカと通ずるものがある、と思っていると、当のユーリカが累の服装を眺めながら、残念そうに息を吐いた。

「……タキシードで正装して来てくれるかな、って楽しみにしてたんだけど……」

 伏せ目がちの流し目で累を見るユーリカ。

 ……なんだこれ。
 もしかして俺とニイナはお邪魔虫だったのだろうか、と思ってしまうほど、柄にもなく積極的に攻めている。……ように見える。

 累もさぞ困惑しているだろう、と思いきや、至ってナチュラルに躱していた。

「いやいや、学生の正装といえばコレでしょう」
「む。そんな返事が聞きたいんじゃ無いわ。ねぇ、ニイナも見たかったわよね?」
「え、え、私ですかっ?」

 突然ユーリカに話を振られたニイナは、焦ったように返事をしつつ、チラチラと累を見る。こいつはガチで、脳内に累のタキシード姿を思い浮かべてるに違いない。はわわっ、と回答に困っているらしいが、聞かなくてもわかるからもういい……。

 こういう態度を取られると、いたたまれんよなぁー……と累の心境を慮ったのだが、

「あれ。ニイナ、髪、良く似合ってるね。自分で編んだの?」

 無用の心配だったようだ。

 累も累で、マイペースに思ったことを口に出している。

「えっ!? こ、これ? うん、変じゃない、かなぁ?」

 自分の髪を掴みながら、照れたように頰を染めて笑うニイナ。
 累が指摘して初めて気づいたのだが、ニイナの綿菓子のような髪が小さくカチューシャのように編まれていた。本当に気合が入ってんじゃん……とは心の中だけでの呟きだ。

 しかし、ここで問題になるのはもうお一方。

「いいなぁ、ニイナは褒めてもらえて。私には何のご挨拶もくれないの?」
「あはははは、じゃあ手を取ってご挨拶した方が良かったですか?」
「そうね。今からでも間に合うわよ?」

 そう言って艶やかに微笑み、右手を累へと向けるユーリカ。
 まさかそんな返しが来ると思ってなかったらしい累は、一時停止した後に、ちらりとこちらを見た。

 勿論、俺はしていない。

 その意味を込めて真剣な眼差しで首を振っておく。
 万一、そんな事をして冬馬に知られたら、ゴミにたかるハエ以下の扱いをされること間違いない。ただでさえ、今日の親睦会だって良い顔をしていなかったのに、これ以上ユーリカが累に親近感を抱いたら大変だ。……既に遅い気がしないでも無いが……。

 固まった累がどう切り抜けるのか、と思っていると、予想外にユーリカの方から手を戻した。

「もうっ、本気にしないでよねー。あ、実は半分本気だったけど……。でもまぁ、こんな感じで気安い食事会にしましょ。楽にしてちょうだいね」

 からからと笑いながら、使用人へ向けて食事の開始を合図するユーリカ。
 静かに動き出す使用人の数は、テーブルについている人間より多いだろうことがわかる、仰々しさだ。

 3人は、というと。

「……気安い……」
「……楽に……」
「…………言葉のニュアンスには、個人差があるってことだね」

 和久、ニイナ、そして深く納得しているらしい累。

 ひたすらに楽しげなユーリカだけは、そんな3人を不思議そうに見つめていた。


「禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く