禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜

supico

訓練開始①




 鬱蒼と生い茂る木立。
 頭上には太陽が昇っているはずだが、木々の合間から漏れてくる光は鈍い。

 随所には、いつのものだか分からない倒木や、抉れた地面が茶色くむき出しになっている。

 ここは模擬訓練場。D地点に近い場所だ。

「累! そっちの木に隠れとけっ。ニイナは向こうの二人をサポート!」
「了解っ」
「——待ってニイナ、左から迂回で! 前方右側に魔法の痕跡があるよ」
「ありがと、累くんっ!」

 荒い呼吸と共に礼を言ったニイナが、上気した頰で駆けて行く。
 その後ろ姿を見送りながら、累は和久に指示された木陰に身を隠した。

 右側に見える魔力の影は、そのままだ。ニイナは累のアドバイス通り、左へと走っているから、これでトラップ魔法は回避できた筈。

 累は既に疲れている両足を見下ろしながら、暫くは大丈夫だろうと束の間の休息に息を吐いた。

 小さくも見えた訓練場は、やはり森というだけあって、実際に動き回るには広いフィールドだった。
 訓練自体、恐ろしく久しぶりだった累にとっては、鈍った身体に鞭を打っている状態だ。怠けていたからなぁ、と自分で自分に呆れながらも、周囲に漂う魔法の影を見つめる双眸は冴えている。

「やるじゃん累。お前の索敵、結構いいサポートだわ」

 和久が、若干息を弾ませまながら、隣に滑り込んできた。
 迫ってきている1班を確認するように、木の陰から周囲を見渡している。

「ただの足手まといで終わらなくて良かったよ」
「いやぁ、さっきの奇襲の時が使えなすぎたからなぁ……」
「……あっはっはっはっはー」
「攻撃系魔法が全くダメだってのは、まぁ、適性が無かったんだし仕方ないとしても、体術は基礎科でみっちりシゴかれてるだろ? まさかニイナよりもトロイ奴がいるなんて……」

 何かを思い出すように遠い目をする和久。
 つられて、先程までのフェーズを思い返してみるが、それはもう散々だった。

 奇襲と言っても、相手の2班だって襲われるのがわかっているから、動かない的にはなっていない。相手の動作を予測する洞察力と、正確に魔法を扱う精密さ、そして居場所を悟られないように、常に移動し続ける体力を求められる訓練だった。

 が、なにぶん運動不足の累である。
 各ポイントへの全力疾走だけで、既にオーバーワークなのだ。
 和久に急き立てられて、何とか付いて行くので精一杯。最後の最後で魔法を打てと言われても、そもそもそういう攻撃魔法は得意じゃないのだ。

「だから、使えないと思う、って最初からゲロってたよ?」

 大袈裟に頭をかかえる和久に、一応、抗議しておく。
 控えめに考えても貢献したとは言い難いので、あくまでポーズだ。気に病んでいるわけでも何でもないから、冗談めかしの軽口。

 和久の方も分かっていて揶揄っているのだろう。悪戯っぽい顔でニヤリと笑った。

 何となくこの男の性格がわかってきたような気がする、と思いながら、ニイナが向かった先に目をやると、そちらは既に、4班を守るように展開を始めていた。

「さぁーて、次は防衛戦だぜ。累はもう、防御しようなんて考えるなよ。確実にどっちから攻撃されるのか見て、逃げろよ」

 酷い言われようである。
 が、あんなヘタレな姿を見せた後なら、仕方ないだろう。

 苦笑するしかない累は、再度周囲を確認してから、和久に頷いた。

「オーケー。今の所、魔法が発動する気配はないよ」
「よし。4班はさっさと組み上げろよぉー!」

 共闘したばかりというのに、もう累の探知力を信頼しているのか、警戒を緩めた和久が、奥に向かって声を上げた。

 そこでは、少し開いた場所を使って、数人が道具を使いながら地面に何かを組み立ている。恐らく4班に与えられた課題の、拠点設置型魔法なのだろう。

 軽く手を上げて合図をする4班に、同じく片手を上げた和久は、それからどこか一点に視線を移した。

「んー。こっちの担当教師は、あの人か……」

 和久の視線の先には、黒い教師用のコートを着た一人の男性が、バインダー片手に立っていた。
 各ポイントで、生徒たちの安全と評価を行なっている、教師の一人だ。

「あの人、派手目な戦闘が好みなんだよなぁ……。累もなるべく目立って点数稼いどけよ」
「へぇ、そんな傾向があるんだ」
「教師によっては、な。さっきのフェーズで採点してた人は、魔法は必要最小限・戦闘能力で隠密行動、ってのが好みらしい。そういう奴の得点が伸びてたからな」
「ふーん……」
「ふーんて、お前なぁ……。ここで成績悪かったら、実地訓練にも入れねぇんだぜ?」

 ただでさえ編入生で不利なんだから、もうちょっと頑張れよ、と呆れる和久に、そうなのか、と返すと更に溜息を吐かれた。


「禍羽根の王 〜序列0位の超級魔法士は、優雅なる潜入調査の日々を楽しむ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く